女王様 出会い研究所

女王様 出会い研究所とは?

美しい女性にイジメられたい・調教されたい・ご奉仕したい、という願望を持ったM男性の為の情報サイトです。女王様・S女様・痴女様とのプレイ体験談やご奉仕テクニック・出会いについて紹介します。

アナルプレイカテゴリーの記事一覧

アナニーでメスイキする方法

アナニーでメスイキ

男として手っ取り早く快感を得るには射精です。
しかし私みたいな変態は射精以上の快感を求めるために試行錯誤する日々です。

正直なところ万人に当てはまる訳ではありませんが、マゾ性を持ち合わせかつ変態嗜好を持つm男なら試してほしいものです。
開発次第でチンポ以上の性器にもなり得るアナルを使用し、アナニーを極め肛門でメスアクメするという体験談です。

ペニバン調教でM男が覚醒する

結論から申しますとセルフでのアナルオナニーにも限界があり、ドSな女王様から拷問で鬼畜のような被虐を受ける事で興奮しメスイキすることも可能です。
先日利用した女王様専門のSM出会いサイトには、m男イジメを生き甲斐にするようなS女がいるので今や出会いには必要不可欠です。
実際にリアル調教を受けアヌスにペニスバンドを挿入されピストンされると、メスのように喘いでアクメしてしまうほどです。

「あんあぁぁ・・くぅはぁぁ・・!」

「ケツマンコを犯されてヨガってるなんて変態ね!」

尻穴を抗うすべなく完全受身で調教されると、記憶が飛ぶほど快感で射精とは比べ物にならないほどです。
マゾとして性欲を持て余す変態嗜好の持ち主は、一度女王様の鬼畜とも言えるほどの調教を受ければ病みつきになる事間違いなしです。

女装は強制させられてこそ

メスアクメ

ハロウィンが近いこともあってコスプレをしている人をよく目にします。
コスプレというものはイベントを楽しむものですから、思い思いに好きな衣装で仮装するものです。

しかし私みたいなド変態のマゾ男は自らの意志でなく、女王様の命令で強制的に女装させられる事があります。
この間も調教されている女王様に強制女装させられて、アナルを犯されメスイキで男としての尊厳を失ったところです。

<>

男としてプライドを傷つけられ上から目線で罵られる事で興奮するようなマゾは、積極的にsmの出会いサイトで専属の女王様を見つけて調教されることをおすすめします。
今まで女装の趣味はさすがにありませんでしたが、女王様による強制女装でのペニバンアナルファックでメスイキしてからというもの今では虜です。
女装するとなぜか気持ちも女性的になり、自然と喘ぎ声が出てしまいメスのように感じてしまうものです。

「ケツマンコをペニバンで犯されてヨガって変態じゃないの!?」

「あぁぁ・・んんあぁぁ・・・!」

普段から尻穴を開発していた事もあって、アナルでメスアクメした時はかなりの快感でしたね。
マゾとして女王様や痴女から射精管理や尿道攻めなどを受けるのも至高ですが、まだ女装でメスイキしたことがない人は体験するべきですね。
パートナー探しには専門に特化したsmの出会いサイトが、タイミング次第では即会いもできるので最適です。

逆アナルはフィストに限る

アナルフィスト

射精こそが男にとって最大の快楽だと思われがちです。
しかし全くそんな事はなく、射精をも超える未知の快感は数多くあります。

私自身身をもって感じた体験としては、逆アナルでフィストされトコロテンした時は衝撃的を受けたほどです。
全身が硬直して痙攣しただただメスのように強制的にイかされる被虐は最高でした。

<>

SM系の出会いサイトには経験豊富でm男を弄ぶ事でストレス発散するような女王様や痴女が多いのです。
この間も出会いサイトで知り会った女王様に逆アナル開発されたところです。
日々アナルオナニーでケツ穴を拡張している私でも、フィストされたときは女性のような喘ぎ声を発してしまい悶絶したほどです。

「かはぁぁ・・!はぐあぁぁ!」

「ケツマンコに拳がどんどん入っていくわよ!」

限界突破している尻穴にどんどん女王様の拳がメリメリと挿入され、痛さをも超越すると快感に変わってくるので不思議です。

「あぁぁ・・イキます・・!」

「さっさとイキなさい!」

意外にフィストされながら抗う事無く完全受身で身を任せる事は難しいですが、経験豊富な女王様なら問題なくアナルフィストでトコロテンする事も可能です。
マゾとして未知の快楽を体験するにはsmサイトの女王様に出会うのが一番です。

デブ女王様のペニスバンド調教で・・

ペニスバンド調教

誰にでも変態的な性的嗜好の1つや2つはあるものです。
ゴム手袋やボンテージの素材に拘ったり、咀嚼やフードクラッシュで性的興奮を覚えるなど様々です。

自分自身もフェチがあり、いわゆる世間的にいうデブ専でむちむちの肉壁に包まれると妙な安心感が生まれます。
最近ではぽっちゃりやマシュマロ女子などもブームとなっているので、それほど偏った性癖ではないのかもしれません。

<>

私が普段から利用するSMの出会いサイトでは嗜好や性癖に合わせた女王様や痴女が探せるのが魅力的です。
シルバーウィーク中にデブ女王様にアナルを献上し、容赦ないペニスバンド調教を受けたのはいい思い出です。
マゾとして1日オナニー3回にアナルオナニーで肛門開発は当たり前ですから、デブ女王様にペニスバンドを挿入されるとすごい快感でしたね。

「ぐあっ・・き、気持ちいいです・・!」

「もっと激しく突くわよ!」

途中から力任せでアナルの奥深くにペニスバンドをねじ込まれピストンされたときは、悶絶し失神するかと思うくらいの衝撃でしたね。
やはり華奢な女王様よりは確実にピストン時の衝撃がハンパないので、自ら尻穴拡張しアナニー中毒の私でもトコロテンしたほどです。
ドmな変態マゾとして被虐を受けるならSMに特化した出会いサイトが最も効率的だと私は思います。

逆アナルでトコロテンする衝撃

逆アナル

SMの中にも様々なジャンルがあり個人の嗜好が分かれる所ですが、m男にとって逆アナルされる事は今や珍しい事でもありません。

私自身もかなりのドmながら今まで恥ずかしさや、不安感からSMというものに興味はあったものの実際にプレイした事はありませんでした。

しかし先日女王様に受けた逆アナル調教があまりに衝撃的すぎて、もうアナニーや普通のセックスでは満足できない体にされてしまいましたよ。

<>

今時のアナル専門サイトには逆アナルで悶絶するm男をイジメるのが生き甲斐になっているような女王様や痴女が多くいるものです。
この前初めて利用した出会いサイトで女王様と出会う事ができ、逆アナルでトコロテンする事ができました。
以前からアナルオナニーで自ら尻穴開発を続けていた事もあったので、初の逆アナル調教でも今までに感じた事がないほどの快楽を体験できました。

「これからもっと気持ちよくなるわよ!」

「ひぃあぁぁ・・い・・イク・・!」

経験豊富な女王様は逆アナルでどこが感じるかも知り尽くしているので、もはや抗うすべなく射精時の快感がひたすら続くような感じでした。
初の逆アナル調教以降今は尻穴を拡張し続けられ、ペニスバンドどころかアナルフィストされるまでになりましたね。
アナルを犯される事がどれほど快感かこれはSとかM関係なく全ての男におすすめしたいほどです。
パートナー探しをするなら積極的に専門に特化したSMの出会いサイトを活用するべきです。

アナル調教はマラ付きニューハーフに限ります。

ニューハーフ

SMをしているととんでもないハプニングに遭遇するがあります。
というのも出会いのきっかけはSMの出会いサイトですから、いくら事前にやり取りをしていても実際に会うまでは油断はできないものです。

私自身かなりのドMなので普段からこの手のサイトで、オモチャとして扱ってくれる痴女や女王様と出会っています。
先日も専属の女王様を探していた所調教してもらえる事となり、数日前に調教を受けたのですが私の想像をも凌駕するほどの被虐を受ける事ができました。

<>

出会った女王様は見た目も美しく調教の条件として体に触れる事は禁止されていました。
女王様からアナル調教を受け、言葉責めされながらアナルをほぐされるのはかなりの快感でしたね。
そして生暖かい感触のモノがアナルに挿入されると卒倒寸前になるほどの衝撃を受けました。

「ひぃぃ・・ぐあぁぁぁ・・!」

「ほらこんな大きいのがどんどん入っていくわよ・・!」

なんと女王様はマラつきのニューハーフでかなりの巨根だったのです。
しかしペニスバンドなどどは違い、本物のペニスをアナルに挿入されるのはかなりの快感でトコロテンしたほどです。
この一件以来マラ付きニューハーフの衝撃が忘れられず、今は専門に特化したニューハーフの女王様サイトを利用しています。

肛門調教で容赦ない尻穴拡張

肛門調教

普段から1日3回のオナニーでは飽き足らずアナニー中毒でメスイキしてしまうような変態は、1度女王様から肛門調教され尻穴拡張を受けるべきです。
性欲を持て余し発散するところがないM男には、ぜひ私がよく利用するサイトで女王様を見つけて欲しいものです。

私自身も嫁がいるにも関わらずセックスレスとなり、オナニー三昧を送る生活で近頃は自らアナル開発しアナニー中毒となってしまった変態です。
しかし今はこの変態性癖を受け入れてくれさらに、私の望みどおりに肛門開発し尻穴拡張をしてくれる女王様がいるので充実した毎日です。

<>

正直結婚していても私みたいにセックスレスかつ変態性癖を嫁に受け入れてもらうのは不可能に近いのです。
平日の夜に残業と偽って先日も女王様の肛門調教を受け尻穴拡張の末アナルフィストまでされてしまいました。

「あなたのケツマンコは拡張されすぎて拳まで入るようになったわよ!」

「ひぃあぁぁぁ・・」

アナルフィストされながら興奮や快感が相まって、痙攣しながらメスイキまでしてしまったほどです。
拡張された尻穴にアナルストッパーを挿入され帰宅させられる羞恥プレイまで受けたのは予想外でしたね。
どんな命令や調教にも耐えうるほどのマゾ性を持ち合わせているのであれば、SMサイトで本物の女王様を見つけて調教をうけるべきです。

前立腺責めでメスイキしました。

前立腺

マゾとしてよりも男として生まれたのであれば1度はアナル責めされてみるべきです。

そして前立腺を責められる事で、通常の射精では得られないほどの快楽を感じる事ができるようになります。
私自身もつい最近まで前立腺はおろかアナルさえ処女だったにも関わらず、痴女のアナル調教によって覚醒しメスイキしてしまったところです。

<>

利用して分かりましたがSMの出会いサイトには男を悶絶させたり、オモチャのように扱うことを喜びに感じるような女王様や痴女が多いのです。
数日前に見た目は童顔でいかにもドMそうな女性から前立腺攻めを受け、そのギャップに興奮し女性のようにメスイキしてしまい恥辱にまみれたところです。
ローションをつけたアナルに指を挿入され、じっくりとほぐされながら受ける言葉責めはかなりの快感でしたね。

「ひぃあぁぁ・・くっ・・!」

「女の子みたいな声出しちゃって変態ね・・」

前立腺を刺激されながら手こきされると、声も出ないくらいに感じちゃいました。
我慢汁まみれになっているチンポをアナルに指を突っ込まれたまま同時にしごかれ、なす術もなく大量に発射してしまいましたよ。
若干アナル調教は抵抗があったのですが、正直これほどまでの快楽を得られるとは思っていなかったので衝撃です。
SMサイトにいる女王様や痴女は手馴れているので、私みたいな初心者が利用するにはおすすめですね。

アナルフィストじゃもう満足できません。

アナルで射精時ほどの快楽を得るにはそれ相応の開発、拡張、覚悟が必要です。
というのも私自身専属奴隷として女王様に調教してい頂いてから、早いもので半年が過ぎ去りました。

これまでに貞操帯を着用して射精管理されたり、強制女装させられメス化調教されたりして被虐をうけてきました。
そしてアナル自体もドライオーガズムやトコロテンができるまで開発されていたのですが、先日受けたアナルフィストは衝撃でしたね。

<>

自分が利用したSM系の出会いサイトには、尿道攻めやペニスバンドでのアナル調教などM男として被虐を受けたいのであれば、専属の女王様をさがすのには困る事はありません。
よく女性の拳は小さいのでアナルフィスト向きだとは言われますが、体験してみるとまさにその通りでねじ込まれながら挿入される感覚にはかなりゾクゾクしましたね。

「かはあっ・・くあぁぁ・・」

「ケツマンコにどんどん拳が入っていくわよ!」

ゆっくりと焦らされなが女王様の拳をアナルに挿入され痛みどころか、ケツマンコを女王様に犯されているという被虐にますます興奮してしまったほどです。

結果的にちんぽからは大量の我慢汁がたれ流れそのままトコロテンしてしまいました。
私のケツマンコではすでにアナルフィストでは満足できないくらいに拡張されているのです。
マゾとして快楽の為なら私のように身をもって女王様のおもちゃになる覚悟のあるM男は、SMの出会いサイトを利用して女王様を探すべきですね。

きっかけは人妻の肛門調教です。

肛門調教

SMというものは少しのきっかけが大切であると改めて思い知る出来事がありました。
毎日同じ事の繰り返しではきっかけなど掴むことは到底できません。

しかし私が先日SMのサイトで知り会った人妻痴女の調教がきっかけで肛門、いわゆるアナルの快楽に目覚める事ができたのです。
アナニーで欲求を解消する事はあっても、私自身アナルを女性に調教された事がなかったので肛門調教を受けた際は衝撃的でしたね。

<>

四つんばいにさせられローションをつけた指でアナルをかき回されると、まさにメスになった気分で犯されるという今までには感じた事のない被虐です。

「あ・・くっあぁぁぁ・・!」

「女の子みたいに感じてるわよ!」

女性化調教と言いますか、人妻痴女はこの手のM男をメス化調教するのが得意なようで、私自身もすっかりこの調教以来虜になってしまいましたね。
月1回のペースでこの人妻痴女に調教を受けていますが、今では女装してメス化調教されるのが至福の悦びとなっています。
プライドや誇りなどくだらないものは捨てて女性に身を任せる事により、マゾへの扉が開く事は間違いありません。
これは経験したものにしか感じ得ることができない快楽なので、こういった嗜好がある方は利用すべきですよ。

3 / 7...234...
Return to Top ▲Return to Top ▲