女王様 出会い研究所

女王様 出会い研究所とは?

美しい女性にイジメられたい・調教されたい・ご奉仕したい、という願望を持ったM男性の為の情報サイトです。女王様・S女様・痴女様とのプレイ体験談やご奉仕テクニック・出会いについて紹介します。

オナニータグの記事一覧

強制女装させられてのCFNMはとにかくヤバイ

強制女装

年を取ると色々な体験からか性癖も少し変わってくるものです。
m男歴が今年で10年を迎えた私ですが、近頃は女装オナニーしたりアナニーする事でものすごく興奮します。

それまではと言うと女王様や痴女にペットとして飼育されていて、射精管理や尿道責め舐め犬などが主でした。
ここ数ヶ月はパートナーがいなかったので、出会いサイトで募集した所タイミングよく女王様と出会う事ができました。

<>

実際にSM系のサイトを利用して分かりましたが、タイミングが重要なので登録したらこまめにチェック女王様の投稿を見逃さない事が大切です。
やはり本物の女王様に強制女装させられかつCFNMでオナニー鑑賞されると、普段のオナニーが馬鹿らしくなるほどです。

「女の子の格好でオナニーする気分はどう!?」

「くっ・・気持ちいいです・・!」

隠語のシャワーを浴びせられながらするオナニーは格別で、寸止めを強要されたりして限界寸前でした。
罵られバカにされながら射精した瞬間はマゾとして最高の被虐でしたね。
その後もアナルオナニーで拡張した尻穴にエネマグラを挿入され、ドライでメスイキしたときは記憶が飛んだほどです。
妄想ばかり膨らますマゾ男はリアルで調教してくれる女王様を、SMに特化したサイトを使って積極的に探すべきですよ。

ドライオーガズムは尿道責めが一番です

ドライオーガズム

日々尿道オナニーを日課にしている私にとって、先日受けた女王様の尿道カテーテルプレイは衝撃でした。
アナルオナニーなどで新たな性癖開発に取り組んでいるm男も少なくはないと思います。

今まで私もそうでしたが、実際に女王様からリアルな調教をしてもらう事でマゾとしてより被虐が体験できるのです。
私みたいな初心者なm男でも調教してくれる女王様はいるので、専門サイトを利用するのがおすすめです。

<>

自ら尿道を拡張していただけあって、少し太めのカテーテルを挿入されても問題はありませんでしたね。
しかし自分ではそこまで感じられなかった事も、経験豊富な女王様の尿道攻めにさすがに悶絶しました。

「くっ・・あうぅっ・・!」

「どんどん奥まで入っていくわよ!」

カテーテルを尿道の中でかき回されたり、出し入れされる度に前立腺が刺激され初めてドライオーガズムを経験しました。
通常ドライオーガズムを得るには中々難しいのですが、自ら尿道開発拡張した事と経験豊富な女王様のおかげです。
尿道責めは一度体験してしまうと中毒性があるくらいの快感があるので、普通のプレイやオナニーでは今後満足できそうにありません。
女王様のテクニックに翻弄され変態マゾとして辱められたい私のような願望があるなら、SMのサイトで女王様を見つけて調教してもらうべきです。

センズリ鑑賞してもらうCFNM体験談

センズリ鑑賞

強制や命令される事が何よりも悦ばしい私が、先日痴女にセンズリを強要され鑑賞してもらう事ができました。
私のように女性から挑発されながら焦らされたりすようなオナニー鑑賞行為は、今や風俗でもあるくらいですから需要は多いのです。

女性の目の前で強制的にセンズリ鑑賞されるという恥ずかしさをも超越した羞恥プレイは圧巻の一言に尽きます。
最近のSM系の出会いサイトには男イジメが生き甲斐のような痴女や女王様がいるので、マゾとして弄ばれたいなら積極的に活用していくべきです。

<>

私だけ全裸になり痴女の前でフル勃起したチンポを露出し命令に従います。

「まだ触ってないのに勃起するなんて超変態だね!」

「うぐぅぅ・・・!」

すでに亀頭からは我慢汁があふれ出ていて、センズリを命令されてするオナニーは一人でするのとは訳が違うほどの快感でした。
キモイや変態などと罵声を浴びせられるたびにますます興奮していき、センズリストップを指示された時は発狂しそうでしたね。
イクにイケないもどかしさで焦らされるのはマゾ心をくすぐられ最高でした。
女性上位で罵声を浴びせられて興奮し連続射精地獄や、強制的に一滴残らず搾取されたい願望があるマゾは痴女専門サイトでのパートナー探しがおすすめです。

乳首ドライオーガズムは現役女王様に任せろ

乳首ドライオーガズム

私は今までセルフで乳首を開発し続けたものの、快感が得られるほどまでには至りませんでした。
元々私がチクニーで開発していた事もあってか、現役女王様によるきっかけで乳首ドライオーガズムに達する事ができたのです。

SMの女王様専門サイトには現役のプロ女王様がプライベート調教をしてくれる事もあるので、マゾとして1度は体験しておきたいところです。
先日出会う事ができた現役女王様は普段から生業にしているだけあって、スムーズにドライオーガズムへと導いてくれましたね。

<>

「ほら、乳首触っただけでこんなに勃起してるわよ!」

「んあぁぁ・・うぅぅ・・!」

言葉責めされながらの乳首責めというシチュエーションは、セルフチクニーでは絶対に経験できない事なので興奮しましたね。
さらにはチンポに唾責めされ手こきでシゴかれながら、乳首を開発された時は正直意識を失いかけるほどの快楽です。
何度も寸止めされながら最後は乳首を責め続けられながら射精してしまいましたね。
現役の女王様というのは経験豊富なので、素人マゾで性感帯を開発されたいのであれば女王様専門サイトがおすすめです。

尿道拡張で衝撃体験

尿道拡張体験談

ここ最近の話だと思いますが、オナニーの種類も多種多様となりアナルオナニーや尿道オナニーが人気です。
そんな私もアナルオナニー中毒でしたが、つい最近忘れられないほどの衝撃的な尿道拡張体験をしたところです。

基本的にオナニーは自ら欲求を満たすときにするものですが、先日出会った女王様の手にかかればになるほど搾取され干からびるほどです。

<>

SM系のサイトにはただ単に男を虐めるのが好きな女王様や痴女がいるので、おもちゃにされたいM男は絶対に利用して損はありません。
私が出会う事ができた女王様は容姿、年齢共に不問だったため、私のようなおっさんでも気兼ねなくお願いする事ができました。
慣れた手つきでカテーテルを尿道に突っ込まれ、前立腺をピンポイントで刺激された時は声も出ないほどの快楽です。

「うぐっ・・あぁぁ・・!」

「気持ちよくなるのはこれからよ!」

この尿道プレイから拡張され続け、今では女王様なしの調教は考えられないほどです。
世の中にはありがたい事にM男の快楽に歪み悶絶する姿に興奮するような女性もいるので、本物の快楽を体験するにはSM出会いサイトで女王様を探すのがおすすめです。

テレビ電話で射精管理されてます。

テレビ電話で射精管理されてます。

今の世の中ハイテクなので、様々なツールを駆使して調教されることができます。
私自身今から1年程前に知り会った女王様に調教してもらっています。

しかしそんなに頻繁に会えるものでもありませんので、会えない時はメールや音声などでしっかりと管理されています。
先日も射精管理されているチンポを女王様の音声で弄ばれたところです。

<>

最近のSMサイトでは遠距離の場合でも電話やメールで調教されることができるので、マゾとしては大変ありがたいですね。
テレビ電話を使用してオナニーを強要され寸止め調教さるのには興奮しましたね。

「その汚いチンポを自分でしごいてごらん!」

「あぁぁ・・うぅぅ・・」

「まだまだイっちゃだめよ!」

射精管理されてすでに暴発寸前のチンポをじっくりと焦らされて我慢の限界でしたね。

「もう・・ダメです・・!」

「射精するところを見せてみなさい!」

いつでもこんな被虐が体験できるとは本当に良い時代になったものです。
電話やメール調教であれば比較的簡単に調教してくれる女王様や痴女は多いので、初心者には特におすすめですね。

人妻痴女の尿道フルコース責めに絶句

人妻痴女の尿道フルコース責めに絶句

私はこれまでに奴隷として仕えてきた女王様や痴女から、数々の調教を受けてきました。
しかし先日出会った人妻による尿道フルコース責めは、今までに体験したことのないほどの快楽と被虐を感じることができましたね。

私の経験上ですが、非日常を感じるには人妻とのプレイが1番です。
独特のエロスがあり、背徳をも同時に感じられるのです。
最近のSMの出会いサイトには結構な割合で人妻がいるので、私みたいなマゾとして女性に奉仕したり調教されれば、今までにない快楽を得られることは間違いありませんよ。

<>

昨日会ってきましたが、本当にありがたいことに40代とは思えないほどの魅力に圧倒されましたね。
見た目とは違いかなりの責め好きで、男の悶絶姿に興奮するみたいでひたすらチンポを責め続けられましたよ。

「もうこんなに固くしちゃって、興奮してるのかな!?」

そして尿道プジーというものを初めて挿入されましたが、何とも言えない気持ちよさというか変な感じでした。
しかし弄られ続けているうちに、言葉も出ないほどの快感に襲われて明らかに射精とはちがっていましたね。

「うぅぅ・・ぐあぁぁ・・」

それ以来すっかりハマってしまって、今では一人で尿道オナニーするほどまでになりましたね。
普段私が利用している痴女が多いサイトでパートナーを見つければ、新たな性癖や性感帯を開発してもらえるかも知れませんよ。

射精を音声で管理される悦び

射精管理

女性主導で支配され管理されたいと思う私のようなマゾ男は意外に多いと思います。
というのも私は以前利用したSMの出会いサイトで知り合った女王様に、調教してもらって1年ほど経過しました。

もちろんリアル調教で、それ以外はメールや電話でしっかりと躾けられております。
ここまでマメに調教してくれる女王様もなかなかいないと思いますが、女王様も私を調教することでストレス発散若しくは鬱憤を晴らしているのです。

<>

実際に利用してみると分かりますが、SMの出会いサイトにはM男を弄ぶ事で憂さ晴らしする女性が多いので、女性主導で弄ばれたいマゾ男は利用するべきですね。
先日も電話調教でみっちりと調教をうけた音声で射精を管理されたところです。

「勃起させてオナニーしてごらん・・!」

軽く笑われながらいやらしい声で電話調教を受けるのも、非常に興奮して羞恥心を煽られてゾクゾクしますね。

「ハァ・・ハァ・・」

「いやらしい声出して興奮しちゃってんの?」

「ハァ・・は、はい・・」

「汚い精子出してスッキリすれば!?」

「うっ・・イク・・」

電話調教でも私ほどのマゾになると女王様とのやり取りで世界観を想像するのは容易く、あっという間に果ててしまいます。
女性のオモチャとなり弄ばれ被虐を感じたいマゾ男は、女王様や痴女に特化したサイトを使ってパートナー探しをすればより一層捗ります。

尿道責めされ腰が砕ける

尿道責めされ腰が砕ける

尿道責めの快楽を1度でも体験してしまうともう普通のプレイやオナニーでは満足できなくなるほどの中毒性があります。
私は以前から尿道開発し拡張を日々続けているような変態ですから、女王様や責め好きの痴女に弄ばれると考えるだけでゾクゾクします。

そして先日SMの出会いサイトを使って「私を虫けらの如く扱ってくれる女性を募集」と書き込んだところこれが当たりました。
連絡を取り自分の趣向を全て隠す事無く伝えるとあっさりOKで、私のような変態的な性癖を持つ者にも神は平等なのです。

<>

早速昨日腰が抜けるほどの快楽地獄を体験してきたのですが、やはりSMは女性が経験豊富であればあるほどM男としてはありがたいものです。

「自分で尿道オナニーしちゃう変態にはお仕置きしちゃおうかな?」

女性はこれまでにも尿道プレイを経験済みだった為手馴れており、私の拡張した尿道を見ていきなり極太の尿道バイブレーターを突っ込んだのです。

「ひっ!ひぃあああぁ・・!」

自分で尿道オナニーに使用していた物とは比べ物にならないほど太さで全身に電流が走ったかのような衝撃を感じました。
尿道バイブの振動はそれほど強くはないのですが、これまたかなりの刺激で常に射精しているような感覚がひたすら続いて言葉になりません。

「あ・・あぁ・・」

「もっと気持ちよくしてあげっよか?」

そういわれると尿道バイブを抜かれその開ききった尿道に舌を入れられて尿道フェラで弄ばれます。

「これ気持ちいいでしょ?」

「も・・うダメです・・」

あまりの快感に失神寸前にまでなり腰は砕けその後しばらく動けませんでした。
射精しなくともその快楽を体験できる尿道責めは素晴らしいものですが、その分危険も伴うものなので経験豊富な女性にお願いするのが安全です。
私も使ったサイトにはこの手の責め好き痴女は多いのでパートナーを探している人は利用するべきです

あっけなく習得できた乳首ドライオーガズム

乳首ドライオーガズム

射精するだけが男の快楽では無い事はM男の人であればご存知でしょう。

というのも女性から罵倒されたりする事に快感を覚える人もいるでしょうし、蹴られたりする行為に興奮してしまう人もいるのも事実です。

かくいう私も最近女王様に乳首ドライオーガズムを開発され新たな快楽に悦びを覚えた所です。
SM初心者はもちろんプレイ経験のある人でも一度ベテランの女王様に調教され新しく開発を受ければ未知の快楽が待っているのでSM出会いサイトを利用してみるべきです。

すでに自分は前立腺を開発済だったので比較的簡単に乳首ドライオーガズムを感じることが出来ました。

<>

女王様に乳首を軽く触られたり時には激しく痛みを伴う刺激をされたりする事で乳首が次第に敏感になっていくのが分かりました。

「もうこんなに乳首が勃起してるわよ!」

「はぃ・・気持ちいいです・・」

最初は乳首だけでオーガズムを感じる事は難しいですが、前立腺を刺激されドライオーガズムに至った時に乳首も弄ってもらうことでイけるようになりました。

今では乳首のみでドライオーガズムを感じることが出来るようになったのでオナニーも非常に捗ります。 自分では中々難しいことでも信頼できる女王様がいれば調教してくださるのでSM出会いサイトでパートナーを見つけてみてはいかがでしょう?

3 / 4...234
Return to Top ▲Return to Top ▲