女王様 出会い研究所

女王様 出会い研究所とは?

美しい女性にイジメられたい・調教されたい・ご奉仕したい、という願望を持ったM男性の為の情報サイトです。女王様・S女様・痴女様とのプレイ体験談やご奉仕テクニック・出会いについて紹介します。

メールタグの記事一覧

テレビ電話で射精管理されてます。

テレビ電話で射精管理されてます。

今の世の中ハイテクなので、様々なツールを駆使して調教されることができます。
私自身今から1年程前に知り会った女王様に調教してもらっています。

しかしそんなに頻繁に会えるものでもありませんので、会えない時はメールや音声などでしっかりと管理されています。
先日も射精管理されているチンポを女王様の音声で弄ばれたところです。

<>

最近のSMサイトでは遠距離の場合でも電話やメールで調教されることができるので、マゾとしては大変ありがたいですね。
テレビ電話を使用してオナニーを強要され寸止め調教さるのには興奮しましたね。

「その汚いチンポを自分でしごいてごらん!」

「あぁぁ・・うぅぅ・・」

「まだまだイっちゃだめよ!」

射精管理されてすでに暴発寸前のチンポをじっくりと焦らされて我慢の限界でしたね。

「もう・・ダメです・・!」

「射精するところを見せてみなさい!」

いつでもこんな被虐が体験できるとは本当に良い時代になったものです。
電話やメール調教であれば比較的簡単に調教してくれる女王様や痴女は多いので、初心者には特におすすめですね。

アナル責めされ女の子のように喘ぐm男

アナル責め

女として主導権を握りm男に奉仕させる事はこの上ない喜びです。
普段では想像できないような屈強な男がsmプレイでは女王様の足元に跪いて仕え、どんな要求にも応えるのですから女性上位のプレイはやめられません。

最近調教している変態m男クンとは会えない時にメール調教オナニーの様子を報告させたり、時には射精管理の命令を出すと悶々としている様子が伝わってきて楽しいです。

<>

smサイトを使ってよく募集するんですけどm男クン以上に女の子が多いことにすごいビックリしまいたね。
最近少し飽きてきちゃったのでm男クンのアナルを開発することにしたんです。
四つんばいにさせてアナルにたっぷりとローションを塗ってあげて指を1本入れると女の子みたいに喘ぎだすからもっと虐めたくなるのがサディストですよね。

「あぁ・・き、気持ちいいです・・!」

「こんな所に指を入れられて感じてんの~?」

恥ずかしい格好をさせられ責められていることにm男は興奮するので、いやらしい言葉をかけて興奮させつつもじっくりと焦らして指を2本、3本と入れてあげます。

「ぐぅ・・ぐぅあぁぁ・・!」

「もっと指入れてあげるね!」

アナルに入れた指で中をかき回してあげるともうm男クンの我慢も限界だったみたいで垂れ流すように精子が溢れ出してましたね。
m男クン虐めは面白いしストレス発散になるのでそんな被虐感を味わいたい変態君は積極的にsmサイトを利用してみると新しい出会いがあるかも。

⑨面接を終えて

未分類

面接を終えて

出会い系サイト

出会い系サイトで出会ってメールをし、面接までこぎつけたら、そこからが勝負です。
実際に調教していただけるのか、それとも面接落ちなのか・・・
面接中の注意点をクリアしたら、次につなげるために面接後にも注意点があります。それは、お礼メールです。

普通の男女の付き合いでも、男性というのは意外にコレを忘れがちです。
これで、あなたに対する女性の心象がかなり違ってきますよ!

お会いいただいたことへのお礼、そして、良かったらぜひお仕えしたい、ということを
あまり長文にならないように書きましょう。

違うパターンとして、面接の最中に人前調教が始まったり、面接後にそのまま調教になることもあります。
その場合も、きちんとお礼メールをしましょう。
初めての調教に感激したということと、ぜひ今後もお仕えしたいということを自分の言葉できちんと書いておくりましょう。

タイミングとしては、調教が昼間であればその日の夜、調教が夜であった場合は、女王様が帰宅なさるくらいの時間が好ましいでしょう。
あまりにも嬉しかったからといって、別れてすぐのメールは文章をあまりにも簡単に書きすぎのような感じで失礼です。

また、女王様からメールが返ってこなかった場合に催促のメールをしてはいけません。
数日待って何も反応がなければ、自分に何か不手際があったかもしれないのでお詫びと、良かったらぜひまた会いたい旨のメールを送りましょう。
それでも返事がない場合は諦めて、再度出会いサイトで他の女王様を探しましょう。

⇒次の攻略法⑩女王様・S女様と出会えるタイミングを読む。

③女王様へ初メール

未分類

女王様へ初メール

SM出会い

お目当ての女王様・痴女様が見つかったら、勇気を出してメールを送ってみましょう。
なにはともあれ、自分の存在に気付いていただかなければなりません。
その場合に注意すべき点をいくつかお伝えします。

①まだ隷属関係ではありません!
いくらSMの出会いサイトだからと言って、最初から女王様に隷属しているわけではありません。
変にへりくだったり、まるでプレイ中のような興奮した内容のメールはやめましょう。
女王様とは言えども、奴隷契約をする前は一人の人間なのですから、いきなりコアなプレイの内容を話すのは失礼です。

②女王様のどこが気に入ったかを伝えましょう
どうして、この女王様にメールを送ろうと決めたのか、それを伝えましょう。
これがないと、たくさんの女性にコピペメールを大量に送りつけているような印象を持たれてしまいます。
写真に惹かれた、プレイスタイルに惹かれた、感じるものがあった、そういった内容が一番好ましいようです。

③自分のアピールも少し入れましょう。
たくさんのメールを受信する女王様は、わざわざM男のプロフまで読んでくださらないかも知れません。
メールに自分のことも書いて、アピールしましょう。
どんな人間か、どうしてSMに興味を持ったか、どんなプレイに興味があるのか、など②に絡めて書くのも良いでしょう。
自分のことをあまり多く書きすぎるのは好ましくありませんが、他の人と違うだろうと思われることがあればぜひ書いておきましょう。

④メールを開いてもらうために(タイトル・添付画像)
たくさんのメールを受信される女王様。その中から選んで開いていただくのが重要なんです!
そのためにはタイトルが勝負。「こんにちは」「はじめまして」などというありふれたタイトルではゴミ箱行きです。
「童貞を捧げます」「美しい女王様へ」など、女王様が開いてくださるようにタイトルも工夫しましょう。
また、画像が有るメールは開いてみたくなるものです。画像が添付できるサイトでは必ず画像を添付しましょう。

⑤丁寧な言葉で、読みやすく
普段、仕事で送るメールと同様に、相手に対して失礼がない丁寧な言葉使いで書きましょう。
書き終わったら、何度か読み返すことをオススメします。また、書いた後に少し時間を置いてから読み返すのも良いでしょう。
読みやすさについても注意しましょう。あまり長文だと読む気にならないかもしれません。改行も入れながら、読みやすいメールを心がけましょう。

⑥送る時間帯に注意して!
出会いサイトによっては、メールが送られてきたらケータイにお知らせメールの着信を行うサイトもあります。
女王様が寝ていらっしゃる時間にメール着信があったら・・・失礼ですよね。
もしメールが届いても失礼のない時間帯に送るか、女王様のプロフにOKな時間帯が書いてあれば、それに注意して送りましょう。

ここまで注意点を書いてきましたが、一番大切なのは「この女王様に調教されたい!」という情熱をわかっていただくことです。 自分の気持ちが伝わるよう工夫して、真心込めてメールの文章を考えましょう。

⇒次の攻略法④女王様とメールを読む。

②相手を決める

未分類

相手を決める

女王様

プロフを登録して待っていたら女性からメールがどんどん来る、というわけではありません。
ライバルM男性はたくさんいるのです!こちらからメールを送らなければなりません。

その前に、やることがあります。女性に対して失礼ですが、送る相手を決める、ということです。
これがかなり重要になってきます。

まったく趣味の合わない女王様とのプレイは、かみ合わなかったり盛り上がらなかったり・・・
お互いのために良くありません。
女性のプロフィールをしっかり読んで、性癖やお好きなプレイなどを吟味して
どの方にメールを送るのかを決めましょう。

その際のポイントとしては、女性のプロフを読みながらプレイが妄想できるか、ということです。
会ってみたい女性とのやってみたいプレイ、プロフを読んでいるうちに自然と興奮して妄想で頭がいっぱいになってきたら、その相手は実際のプレイにもピッタリのお相手だと言えます。

また、その女性に送るメールの文面が頭に浮かんできたら、思いの向くままに書いてみても良いでしょう。
メールの文面が浮かぶということは、聞きたいこと・伝えたいことがどんどん浮かんでくるということです。
そういった女性とのプレイはうまくいくと思われます。

また、メールを送る人数についてですが、出会い系に対する考え方によって違ってきます。 「この女王様と絶対にお会いしたい!」
という強い気持ちがあればお一人にしか送らないはずですし、
「きっと返信率低いだろうから・・・何人も送っちゃおう」という考え方もアリです。
あまりこだわらずに気軽にメールしてみても良いかもしれませんよ。

⇒次の攻略法③女王様へ初メールを読む。

1 / 11
Return to Top ▲Return to Top ▲