女王様 出会い研究所

女王様 出会い研究所とは?

美しい女性にイジメられたい・調教されたい・ご奉仕したい、という願望を持ったM男性の為の情報サイトです。女王様・S女様・痴女様とのプレイ体験談やご奉仕テクニック・出会いについて紹介します。

貞操帯タグの記事一覧

意外な所で辛かった射精管理の体験談

SMプレイの一環として、貞操帯を付けて本格的な射精管理プレイ。
貞操帯や専用の器具が無くても手軽に始められるプレイですが、本格的な射精管理には遊びを超えた要素が詰まっています。
SM出会いサイトで知り合ったS女性のとりこになり、軽い気持ちで始めた射精管理で痛い目にあった経験をご紹介。

前置きとして、某SMコミュニティで知り合ったS女性に、自ら射精管理を懇願したことがキッカケです。
そこから数か月間、私のご主人様として存在するこの女性は根っからのS気質で、言い方を変えれば極度の自己中心的な人間。
女性は男性よりも弱い生き物だと思っている事から、自分より強い立場である男を虐めて従わせてもみくちゃにしたいという思考の持ち主です。
たまたま彼女の得意なプレイの中に射精管理が含まれていたことから、気を引かせるための口実として「射精管理されるのが好きなM男」を演じてアプローチしました。
もちろん私は自分のことをドM男だと自覚していますが、射精管理に関しては特にしてほしいという感覚はありません。
ただ焦らされたりしても我慢強い所があるので、射精管理ぐらい大丈夫っしょ。ぐらいの気持ちで考えていました。

契約書

SMコミュニティ内のチャットでしばらくやり取りをして2日目、結構真剣に口説いていた甲斐あって射精管理の奴隷として迎え入れてもらえる事に。
早速LINEの交換と電話番号も教えるように言われ、この時は「中々積極的な人だな」などとまだまだ楽観的でした。
電話番号を教えてすぐに非通知ですが彼女から着信が来ます。
通話を開始すると、はじめましてや宜しくお願いしますなどの挨拶もなしに、一方的に契約書にサインにしてから射精管理を始める事と、この後LINEのトークで内容を送る事を喋って通話は切れました。
しばらくしてLINEのトークに長々と文章が届きます。
契約書なんて大それたことをして、ちょっとめんどくささを感じながらも壮大な射精管理の世界観を持つ女性だな、なんて感心したりもしました。
契約書の中身は、文章としては無理して契約書っぽい難しい言い回しを使っている感が見て取れる稚拙なものでしたが、内容はかなりハード。
要約するとざっくり以下のようなことを厳守しろと書かれていました。

・チンコの所有者はお前じゃなく私が持つ。
・勝手に勃起するな。夢精もするな。
・貞操帯はお前で買って用意しろ。
・貞操帯の装脱着やメンテナンスは私がやる。
・おしっこやお風呂の時以外はチンコや貞操帯に触れるのもダメ。
・週1でメンテナンスを行うから家に来い。
・貞操帯やチンコは常に清潔にしておけ。

などなど、実際はもっと細かい事がずらっと途方もない文字数で並んでいましたがざっくりこんな感じでした。
何よりも、そちらが射精管理を求めているという、絶対的な前提がある状況でないと話は進まない。そう明言されたことが印象に残っています。
この契約書をしっかり読み、同意してコチラの意思で射精管理を行いたいと伝えると、何度も何度も本当にそっちの意思なんだろうな?と念押しされました。
正直、契約書に書かれている内容に対して、ルールの多さや奪われる自由の多さに若干怖気づいた私ですが、あまりにも本心を問われるので若干ムキになって射精管理を懇願。
やっと契約は成立しました。

射精管理スタート

契約成立といってもLINEのトーク内だけの取り決めなので、おそらくまだ何の効力もありません。
それはお互いに分かっていたので、契約書にサインするため実際に会う事にしました。
それまでに指定の貞操帯を買っておいて、特に言われたワケではありませんが会う約束を取り決めた日から私はオナ禁を開始。
正直、射精管理といっても定期的にオナニー解禁かご褒美に手コキか何かで射精させてくれるだろうなどと思っていました。

1週間持たない

実際に会ってみたそのS女性は、外見からも気の強そうな鋭い目つきの美形で、美人に生まれたことで色々得してる人生なんだと感じる見た目でした。
契約書にサインするためにファミレスへ入り、ドリンクの注文もしないままにLINEで見た長文の契約書を3枚の紙に分けて机に出します。
もう一度しっかり読むように言われ、熟読する間に私が買った未開封の貞操帯を人目も気にせず店内で開封し始める彼女。
恥ずかしさで早く店を出たくなった私は素早く持参した判子で捺印。
ちゃんと印鑑が押されているのを見て満足すると、ついに何も注文せずに店を出ることにしました。
その後、ラブホでこの貞操帯を付ける事になり、愚かなことに私はワンチャン合体できるかもと浮かれながら入室。
すぐに全裸になるように言われ服をすべて脱ぐと、慣れた手つきで貞操帯を私のチンコへ装着してくれます。
女性の前で全裸なっている恥ずかしさよりもこれから起こる未知の体験にワクワクしていました。
装着後、私はベッドに横になるように言われたのでキングサイズのベッドに一人で寝転ぶ私。
彼女はモニターのリモコンをいじってラブホ備え付けのビデオでAVを流し始めました。
そして「時間までこれ見て我慢する練習して。時間が来たら見終わった事を知らせて一人で帰ってね」そういうとホテルから出て行ってしまいました。
呆然とする私。
そこで自分も帰るワケにはいかず、仕方なくAVを見ていると、やはりギンギンに勃起してしまいます。
着けている貞操帯は、チンコの根元をリング状の金具で固定し、引っ張っても抜けないようになっていて勃起するとそこが締め付けられて痛い事痛い事。
さらに先っちょは下に向かってゆるく曲がっているパイプ状の金具の中にチンコが収まっているので、こちらも圧迫されて痛みを伴います。
そして興奮しているので我慢汁も出ており、器具の中がぐちょぐちょになって気持ち悪い。
痛みに萎えて勃起は収まりましたが、我慢汁でギトギトになった貞操帯とチンコを洗おうとシャワーを浴びたのですが、タオルで拭いても中々全体は乾燥せずに常に湿っぽくて、また気持ちが悪い。
拭くときも貞操帯の細かな突起物が邪魔をしてペニス自体が拭きづらく、その突起に引っ掛かったタオルが糸をシュルル出しながら解れてしまう事も。
1週間どころか1時間も持たず、射精管理の洗礼を受けた私。
意外にも、射精できない苦痛より貞操帯の使用感に苦しめられた管理期間でした。

貞操帯でM男のチンポ管理するのが好きよ

女王様出会い

男でも貞操帯ってあるのね。
女の貞操帯を聞いた時には気持ち悪さしか感じなかったけど、男の貞操帯は欲しいと思ったわ。
昔、好きな人のチンポが他の女に使われるなんて信じられないし、オナニーもしてほしくなかった。
これがあれば、彼が浮気できないものね。
それで自分にS女の気があるって分かったの。

続きを読む

射精管理の種類と方法を知ってSMで活用しよう!

貞操帯

マゾに目覚めたのであれば1度は受けておきたいのが射精管理というプレイです。
最大の魅力は自らの意志でなく他人に射精を管理されるという被虐です。
寸止め調教や焦らしプレイも限界寸前で射精させてもらえない地獄と快感を同時に体験できる数少ないプレイの1つです。
自らでも実践できる射精管理方法とSMではどんな方法で行われているのかチェックしておきましょう。

セルフ射精管理

セルフ射精管理はオナ禁と似たようなものです。
実際オナニーは日課やルーティンになっているような人も多いでしょうから、数日に渡って射精をコントロールするだけでもかなり難しいものがあります。
オナ禁やセルフで射精を管理する目的が明確になっていないと続かないという問題もあります。
オナニーをしすぎるとニキビやハゲるといった都市伝説的な事なども囁かれているので、若い男性にとってはオナ禁や射精管理する目的になり得るかもしれません。

SM的射精管理

自分で射精を管理するのも悪くはありませんが、最大の魅力である第三者に管理される事が射精管理の醍醐味と言っても間違いありません。
一般男性なら精子もたまると性欲も高まるもので、その生理現象自体を支配されるという拷問まがいの調教です。
M男性以外の人だとただ拷問を受けているだけかと思われるかもしれませんが、マゾだと苦しみや辛さが管理されているという精神状況から喜びに変わります。
女王様やS女の専属奴隷にしてい頂けると、長期的に支配され射精だけでなく排泄等管理されることもあるくらいです。
本格的なプレイになると貞操帯を着用させられての管理もあり、鍵付きなどの場合は排泄も管理されることになります。

射精管理はメールやオンライン調教でも可能

近頃はSNSの発達により手軽に第三者とコミュニケーションを取ることができます。
SMでもそれらのコミュニケーションツールを活用したプレイも多くなっています。
オンラインのメリットとしては地域が離れていてもまったく問題ないという点です。
実際に会うことがなくてもメールやアプリを使用してボイスや言葉で射精管理される事もできるのですから活用しないのはもったいないほどです。
S女なども実際に会わなくてもプレイできるという事から利用者も多くなっているので、積極的に使っていく事でパートナー探しが捗ることでしょう。

2016年はオンラインで射精管理される時代に突入

射精管理 出会い

射精管理は場所を選ばずプレイできるのでSM入門のプレイには最適です。
最近ではSNSを利用した射精管理など実際に顔を合わせる事がなくても、女王様や痴女に遠隔で支配される事ができるようになっています。
ですからそれだけ敷居が低くなっており、パートナー探しが捗るというメリットがあります。
意外に音声で管理されるだけでも十分に雰囲気が体験できる事から利用者も増え続けていると話題です。
ここ数年でめまぐるしく変わりつつあるSNSを使った射精管理の方法や調教方法を知って、最高の被虐体験をしましょう。

スマホを利用して遠隔調教で射精管理

今の時代スマホを使いこなすことができるようになる事は必須です。
仕事だけじゃなくエロでもスマホを利用する役割を担っているからです。
ですのでL○neやT○itter、ス○イプと聞いてピンとこないなら、時代遅れもいいとこです。
今やこれらのツールをフル活用してSMに取り入れる事はマゾ男なら絶対に必要不可欠な事項です。

メッセージだけでなく動画や写真もサクサク送る事ができるので利用しない手はありません。
正直色々な出会いサイトを使ってもリアルに出会って調教されるには時間も労力も費やします。
その分これらのツールを使うだけで十二分にSMを体験する事が可能なのです。

音声やチャットで射精管理される

女王様 出会い

実際に女王様やS女から調教を受けた事があるM男には少々退屈かもしれません。
ですがSM初心者やプレイする前に擬似的に体験するのも未経験なら悪くありません。
実際に会わないという事で女性側からしても、煩わしさや面倒さをなくせるのが魅力のひとつです。
匿名だと掲示板などでズバズバ言えるように、女性側の心理からしても遠慮ない言葉責めを受ける事が可能です。

サクラやネカマには注意が必要

サクラは少ないと思いますが、確実にこの手のサイトにはネカマは存在します。
ネカマとは男が女を装って連絡を取り合ったりすることです。
ですから同じ写真を使いましたりするような人はネカマ率が高かったりします。
実際会うこと前提にしていないためこのような事が起こりうるので、ネカマがいるということも知っておかなければなりません。

実際に出会うのは可能か?

出会うことも不可能ではありませんが、出会いを最初から求めるならそれ相応のサイトを利用するのが最適です。
SNSの出会いサイトはオンライン調教ができる事から地方の人が登録している場合が多いのです。
ですので近場の人が見つかった場合はリアルで調教してもらうことを交渉してみるのもよいかもしれません。

道具やオモチャを使えばさらに興奮度倍増

SMプレイには道具やおとなのおもちゃを使用するプレイが多くあります。
ですからプレイに合った射精管理グッズを使用するとさらに興奮度も違ってきます。
鍵つきの貞操帯なども販売されているのでそういったグッズを積極的に利用すれば、マゾとしてもう一段階うえのレベルへと到達できる事は間違いありません。

まとめ

SMを実際に経験した事がない人にはこの手のオンライン調教や遠隔調教はおススメです。
意外と女王様や痴女と出会ってリアルにSMプレイしても、イメージと違うなんて事も良く聞くので仮想的に体験できるのはありがたいことです。
マゾとして1歩踏み出し射精管理で調教されてみたいならこの手のサイトは入門にピッタリと言えます。

射精管理されアナルで果てる

射精管理されアナルで果てる

私は今年で50歳になる変態マゾ男で数年に渡って、女王様の調教を受け続けています。
昔とは違ってありがたい事に今では、変態でも受け入れてくれる女王様がSM出会いサイトにはいるものです。

今までにアナル拡張、尿道開発、ドライオーガズムなどM男としては悦ばしいほどの経験をさせてもらいました。
しかし色々経験した中でもM男として被虐かつ女性に支配されている事でゾクゾクしてしまうのは射精管理です。

貞操帯を着用して管理される期間が長ければ長いほど苦しいですが、その分女王様に弄んでもらった時の悦びったらありませんね。

<>

先日も1ヶ月間に渡って射精管理され、そのご褒美としてアナルとチンポを同時にたっぷりと弄んで頂きました。
四つんばいにされアナルにバイブを突っ込まれながら、チンポを同時にシゴく同時調教にはさすがに悶絶しましたね。

「うっ・・うあぁぁ・・」

「汚いカウパー出してみっともないわね!」

これだけでもマゾ男としてはかなりの快楽ですが、年下の女王様に調教されているシチュエーションにさらに興奮してしまいます。
イキそうになると絶妙なタイミングで寸止めされ、チンポは放置されたままアナルを弄られるとアナルでイってしまいましたね。

「ぐぅぅ・・イキ・・ます・・」

女王様と付き合いも長くなると私の性感帯やツボを熟知しているので、もう調教してもらうのはこの女王様以外には考えられませんね。
私みたいな変態おじさんでも弄んでくれる人はいるので、長く付き合えるパートナー探しはSMサイトを利用するのが一番です。

徹底した射精管理に理性崩壊

射精管理

女性に命令や強要されることで興奮するM男が多いのは間違いないですが、その中でも射精管理される事に悦びを感じる者も少なくありません。

自分自身も射精管理されるような事に快感を覚えるような変態ですから、その期間が長く辛ければ辛いほどジワジワ湧き上がってくるM男心に火がつき妄想を膨らませています。
実のところM男のみならず男性を管理し女性上位でのプレイや、言葉責めや痴女ばりに逆レイプ願望を持つS女の募集はSM出会いサイトでは日常的にやり取りされています。

数ヶ月前に知り合ったS女に貞操帯着用のうえ射精管理されているのですが、1ヶ月も射精することを封じられてしまうとさすがに厳しかったですね。

<>

あっていない時も射精管理されたままメールや電話で徹底的に調教され管理されているので、そのやり取りや音声でだけでイってしまいそうになる事は度々ありました。

「汚いチンポを勃起させて興奮してるなんて変態ね!」

「くっ!が、我慢できません・・!」

ようやく射精管理を開放してもらう事にこれ以上の悦びはないのではないかと思うほどに興奮するものです。
貞操帯をはずされてもしっかりと緊縛されて言葉責めや淫語を浴びせられチンポを触れられずとも私くらいの経験者になれば射精する事は可能です。

「我慢汁でもうこんなにベトベトじゃない!」

「ぐぬぬ・・!ま・・まだ大丈夫です!」

しかしこんな簡単に射精してはもったいないので何とか踏ん張りましたが、S女の手が触れた瞬間に爆射してしまい顔面にぶっかけてしまうアクシデントもありましたがやっぱりやめられませんね。

さすがに1ヶ月射精管理されると自分くらいの経験者でないと理性が崩壊してしまうと思われるので、初心者の人にはおススメはできませんね。
自分のような変態M男でも調教してくれる人はいるので興味のあるひとはSM出会いサイトを利用してみてください。

射精管理されさらに寸止め調教で誤射

射精管理

sm出会い系サイトで女王様と出会い今は1ヶ月ほど射精管理をされているm男です。

数ヶ月前に射精管理されている時に誤って暴発してしまうという予期せぬ出来事に見舞われ、ひどいお仕置きを受けたものですがそれ以来貞操帯の着用を義務付けられました。
貞操帯着用の効果もあってか暴発することも無く無事に調教の日を迎えることが出来ました。

<>

m男にとって女性に管理されるという事はこの上ない悦びであると同時に、その徹底した管理から開放感は病み付きになります。
smサイトでは痴女や女王様がペットとして飼育する奴隷をよく募集しているので管理されたいm男は利用するべきです。

「何もしていないのに勃起してるじゃない!」

「も、もう我慢できません・・!」

緊縛され身動きがとれない状態で言葉責めを受け、女王様のツバでベトベトにされた亀頭を弄ばれます。

「ぐ・・ぐぅあぁぁ・・!」

「まだまだイっちゃだめよ!」

イきそうになるもイかせてもらえない寸止め調教でたっぷりと焦らされ、さすがに我慢の限界が訪れ触れられていない状態で射精してしまいました。

悶絶した表情に女王様に悦んで頂いたのは何よりですが、意図しないタイミングでの射精にその後はしっかりとお仕置きを受けたのは言うまでもありません。
射精のみならずm男として管理されるという行為に興奮し、その反発で開放する際の快楽はたまらないのでパートナーがいない人はsmサイトで女王様を探すべきです。

いやらしいエロボイスで射精管理

エロボイス射精管理

私はどこにでもいる専業主婦ですが、今は夫婦でSMを楽しんでいます。
私がSで主人がドMというのもあり自然とそういう流れになったのですが、今は主人の射精管理を徹底して楽しんでいます。

私の声はよくセクシーといわれるのでこのエロボイスで射精管理してあげると主人も悦ぶのです。

<>

長いときでは数ヶ月に渡って射精管理をしているときもあり、貞操帯を着用させてその上からディルドをつけ主人のペニスは封印したままディルドで自分だけ楽しんでいるので、主人にとってはまさに生き地獄のような体験だと思います。
射精管理されたい男性って結構いるみたいなんですよね。

時にはこのエロボイスでたっぷりと焦らしてあげたり、悶絶している表情を見ると非常に興奮しますね。

「あなたのペニスもしごいて欲しいのかしら?」

「ぐ、もう限界です・・・」

貞操帯をはずしていやらしく言葉責めでしごいてあげるとすぐにイっちゃうのが可愛らしいです。
今度はSMサイトを利用して夫婦でスワッピングにも挑戦しようかと思っています。

femdomの世界で失神寸前

femdom

SMプレイを続けていれば時に小説のような体験をすることがあります。
男女平等が叫ばれるこのご時勢ですがSMの世界では女性上位であり女性が完全に支配するfemdomというものが存在します。
男のプライドはズタズタに引き裂かれ完全服従し、もはや男性の尊厳なんてものは存在しないのです。

ゴミクズとして扱われ女王様に全てをささげ、あらゆる拷問にも耐えうるというマゾ男はぜひSMサイトを活用してみるべきですね。

昔から自分はMだとは感じていたのですが女性上位で罵声を浴びせられ、時には激しくいたぶられるのがこれほど快楽と感じるとは思っていなかったです。
貞操帯を付けて射精管理されますが、もはや射精の快感よりも管理されているという行為やその過程でたまらなく興奮し無我の境地に陥ります。

<>

顔面騎上で圧迫されたときはさすがに失神寸前でしたが、その生死をさ迷うような何ともいえない感覚が今はやみつきですね。

「い、息が・・できない」

「気持ちいいでしょ?」

「は、はいぃぃ」

自分がこんな辱めを受けて喜んでいるなんてとても他人には言えませんが、femdomという世界を知って今はとても充実していますね。
M男として生きていく覚悟がある方は恥ずかしがらずに第一歩を踏み始めてみるべきです。

M男を射精管理して爆発

射精管理

女王としてM男の射精管理をするのはSMプレイにおける常識よね。
だから私みたいなS女はいつも、射精管理してもらいたい男を出会い系で探しているのよ。

そして見つけたM男には最初から射精管理を徹底することが多いわ。
できれば貞操帯まで着けさせて、オナニーも禁止させて一週間くらい放置プレイなんてこともするわね。

<>

その間電話で何度も言葉責めしたりもすれば、一週間後にラブホで会うときにすごいことになるのよ。
鞭打ちや陰茎拷問を繰り返した挙句にセルフイラマチオをすれば、すごい量の精液を発射するの。

「も、もうだめです…!」

「いいわ、思いっきりイキなさい!」

「うぁ…ぁ…!」

貯め続けたザーメンを大量発射した後のマゾ男を見るのはとても楽しいわね。
こんな最高の快感SM調教を受けてみたいって男は、まず私みたいな女王様と出会うことから始めるべきね。

1 / 212
Return to Top ▲Return to Top ▲