女王様 出会い研究所

女王様 出会い研究所とは?

美しい女性にイジメられたい・調教されたい・ご奉仕したい、という願望を持ったM男性の為の情報サイトです。女王様・S女様・痴女様とのプレイ体験談やご奉仕テクニック・出会いについて紹介します。

SMプレイタグの記事一覧

健全なSMパートナーを探す出会い重視のSMコミュニティ「SMMAX」

その日限りや短期間でのSMプレイを楽しむのではなく、恋人を探すような感覚でしっかりとパートナーを探すことが目的の出会いコミュニティ「SMMAX」をご紹介。
「SMMAX」では同じSM系出会いサービスにありがちな、SMプレイがメインではなく割り切りやセフレ募集といった、ふさわしくないユーザーを極力排除したコミュニティです。
SM愛好家同士の出会いと言えば、ただでさえアンダーグラウンドなフェチの世界な分、真面目で真剣な出会いに恵まれない事が多いのが現状。
そんな中でもSM好きが安心して出会いやパートナー探しなど活動出来る数少ない場所として、SMMAXも近年利用者数や人気が高まっているサービスです。

マッチング&コミュニティ形式の出会いサービス

SMプレイと言ってもこの幅は広く、人それぞれ好みのプレイや出来ること出来ないこと、苦手なことなどは違います。
緊縛や目隠し、蝋燭責めや鞭打ちなどの王道プレイから、露出や野外プレイ、女装にスカトロなどさらにコアなフェチを持つ人もいて実に様々。
「SMMAX」では大手マッチングサイトのように、ユーザー1人1人の個性やフェチを表現出来るよう細かく設定が可能なので、自分のやりたいプレイを詳細に表現出来る他、同じフェチの人から見つけてくれやすくなります。

運営

ユーザーの個人情報は厳重に管理されておりサービス開始から一度も流出やクレームなどは出ていない印象です。
運営がしっかりしていても出てきてしまうのが悪質なユーザーですが、こちらも通報には堅実に対処しておりサポートは24時間1年中対応が可能。
当たり前の運営が当たり前にちゃんと熟せている会社は、今の時代珍しいですね。
その分、「SMMAX」の会員数は年々増え続け60万人の登録者を達成したそうです。

意外な所で辛かった射精管理の体験談

SMプレイの一環として、貞操帯を付けて本格的な射精管理プレイ。
貞操帯や専用の器具が無くても手軽に始められるプレイですが、本格的な射精管理には遊びを超えた要素が詰まっています。
SM出会いサイトで知り合ったS女性のとりこになり、軽い気持ちで始めた射精管理で痛い目にあった経験をご紹介。

前置きとして、某SMコミュニティで知り合ったS女性に、自ら射精管理を懇願したことがキッカケです。
そこから数か月間、私のご主人様として存在するこの女性は根っからのS気質で、言い方を変えれば極度の自己中心的な人間。
女性は男性よりも弱い生き物だと思っている事から、自分より強い立場である男を虐めて従わせてもみくちゃにしたいという思考の持ち主です。
たまたま彼女の得意なプレイの中に射精管理が含まれていたことから、気を引かせるための口実として「射精管理されるのが好きなM男」を演じてアプローチしました。
もちろん私は自分のことをドM男だと自覚していますが、射精管理に関しては特にしてほしいという感覚はありません。
ただ焦らされたりしても我慢強い所があるので、射精管理ぐらい大丈夫っしょ。ぐらいの気持ちで考えていました。

契約書

SMコミュニティ内のチャットでしばらくやり取りをして2日目、結構真剣に口説いていた甲斐あって射精管理の奴隷として迎え入れてもらえる事に。
早速LINEの交換と電話番号も教えるように言われ、この時は「中々積極的な人だな」などとまだまだ楽観的でした。
電話番号を教えてすぐに非通知ですが彼女から着信が来ます。
通話を開始すると、はじめましてや宜しくお願いしますなどの挨拶もなしに、一方的に契約書にサインにしてから射精管理を始める事と、この後LINEのトークで内容を送る事を喋って通話は切れました。
しばらくしてLINEのトークに長々と文章が届きます。
契約書なんて大それたことをして、ちょっとめんどくささを感じながらも壮大な射精管理の世界観を持つ女性だな、なんて感心したりもしました。
契約書の中身は、文章としては無理して契約書っぽい難しい言い回しを使っている感が見て取れる稚拙なものでしたが、内容はかなりハード。
要約するとざっくり以下のようなことを厳守しろと書かれていました。

・チンコの所有者はお前じゃなく私が持つ。
・勝手に勃起するな。夢精もするな。
・貞操帯はお前で買って用意しろ。
・貞操帯の装脱着やメンテナンスは私がやる。
・おしっこやお風呂の時以外はチンコや貞操帯に触れるのもダメ。
・週1でメンテナンスを行うから家に来い。
・貞操帯やチンコは常に清潔にしておけ。

などなど、実際はもっと細かい事がずらっと途方もない文字数で並んでいましたがざっくりこんな感じでした。
何よりも、そちらが射精管理を求めているという、絶対的な前提がある状況でないと話は進まない。そう明言されたことが印象に残っています。
この契約書をしっかり読み、同意してコチラの意思で射精管理を行いたいと伝えると、何度も何度も本当にそっちの意思なんだろうな?と念押しされました。
正直、契約書に書かれている内容に対して、ルールの多さや奪われる自由の多さに若干怖気づいた私ですが、あまりにも本心を問われるので若干ムキになって射精管理を懇願。
やっと契約は成立しました。

射精管理スタート

契約成立といってもLINEのトーク内だけの取り決めなので、おそらくまだ何の効力もありません。
それはお互いに分かっていたので、契約書にサインするため実際に会う事にしました。
それまでに指定の貞操帯を買っておいて、特に言われたワケではありませんが会う約束を取り決めた日から私はオナ禁を開始。
正直、射精管理といっても定期的にオナニー解禁かご褒美に手コキか何かで射精させてくれるだろうなどと思っていました。

1週間持たない

実際に会ってみたそのS女性は、外見からも気の強そうな鋭い目つきの美形で、美人に生まれたことで色々得してる人生なんだと感じる見た目でした。
契約書にサインするためにファミレスへ入り、ドリンクの注文もしないままにLINEで見た長文の契約書を3枚の紙に分けて机に出します。
もう一度しっかり読むように言われ、熟読する間に私が買った未開封の貞操帯を人目も気にせず店内で開封し始める彼女。
恥ずかしさで早く店を出たくなった私は素早く持参した判子で捺印。
ちゃんと印鑑が押されているのを見て満足すると、ついに何も注文せずに店を出ることにしました。
その後、ラブホでこの貞操帯を付ける事になり、愚かなことに私はワンチャン合体できるかもと浮かれながら入室。
すぐに全裸になるように言われ服をすべて脱ぐと、慣れた手つきで貞操帯を私のチンコへ装着してくれます。
女性の前で全裸なっている恥ずかしさよりもこれから起こる未知の体験にワクワクしていました。
装着後、私はベッドに横になるように言われたのでキングサイズのベッドに一人で寝転ぶ私。
彼女はモニターのリモコンをいじってラブホ備え付けのビデオでAVを流し始めました。
そして「時間までこれ見て我慢する練習して。時間が来たら見終わった事を知らせて一人で帰ってね」そういうとホテルから出て行ってしまいました。
呆然とする私。
そこで自分も帰るワケにはいかず、仕方なくAVを見ていると、やはりギンギンに勃起してしまいます。
着けている貞操帯は、チンコの根元をリング状の金具で固定し、引っ張っても抜けないようになっていて勃起するとそこが締め付けられて痛い事痛い事。
さらに先っちょは下に向かってゆるく曲がっているパイプ状の金具の中にチンコが収まっているので、こちらも圧迫されて痛みを伴います。
そして興奮しているので我慢汁も出ており、器具の中がぐちょぐちょになって気持ち悪い。
痛みに萎えて勃起は収まりましたが、我慢汁でギトギトになった貞操帯とチンコを洗おうとシャワーを浴びたのですが、タオルで拭いても中々全体は乾燥せずに常に湿っぽくて、また気持ちが悪い。
拭くときも貞操帯の細かな突起物が邪魔をしてペニス自体が拭きづらく、その突起に引っ掛かったタオルが糸をシュルル出しながら解れてしまう事も。
1週間どころか1時間も持たず、射精管理の洗礼を受けた私。
意外にも、射精できない苦痛より貞操帯の使用感に苦しめられた管理期間でした。

女王様に都合のいい身体になりたくて性器改造に勤しむ人々

女王様の命令や女王様が喜ぶ卑猥な身体になりたくて、乳首や性器を改造したりタトゥーや入れ墨を入れたり、それぞれの価値観に則って従順の証を示す人たちがいます。
SMプレイの一環としても様々なジャンルがある中で、最もハードコアな部分の一つであるのが、この身体改造というジャンルであり、それにこの上ない魅力を感じてしまった人々。
現在では、やっと入れ墨やタトゥーに対してファッション意識が広まり市民権を獲得しつつありますが、性器や身体の形状を変えてしまうような改造に関しては敬遠されがちです。
今回はいまだアンダーグラウンドである身体改造の世界と、それに魅了された人々についてまとめました。

SMプレイでの身体改造

ファッションでの身体改造と同じく、ピアスを開けたりタトゥーを入れたりすることが多いです。
自分から改造を行う人もいれば、女王様の命令によって同意のうえで行う人もいますが、一か所施してしまうとエスカレートして別の個所にも改造をしたくなったり、よりクレイジーな見た目にしたくなるケースがよくあるそうです。
以下に主な改造箇所を挙げてみました。

ピアス

耳や鼻、口や舌はもちろん、軟骨や性器にもピアスを開けて官能的な見た目にする事を目指したり、セックスの感度を上げるために開けたりします。
男性であればペニスの裏筋や亀頭のカリ部分に開けたり、女性はクリトリスや大陰唇、小陰唇に開けたりします。
痛みの多い部分や、セックス時にクリティカルに接触する部分を積極的に開ける人も。

アナル拡張

M男性やM女性に多いです。アナルにペニスやディルドを挿入できるように、広がる範囲を時間をかけて拡張して開発・改造していきます。
特に、より太い物を挿入出来れば出来るだけエロく従順に開発している事の照明になる風潮があります。

タトゥー・入れ墨

パートナーの名前や、奴隷・肉便器などの卑猥な言葉を身体に刻みます。
デザインや入れる身体の場所に限らず、一度入れてしまうとそう簡単には消せないため、パートナーとの関係が終わって後悔するケースが多いです。
あえて服で隠れる場所ではない、顔や手など目立つ場所に入れて、卑猥な彫り物を主張する人もいます。

シリコン注入

ペニスに真珠を入れるのと同じニュナンスで、皮膚の下にシリコンなどを注入して身体の形を変える事。
豊胸を目的にした美容整形とは区別され、例えば頭に角の突起物を入れたり手の甲に鉄を入れたり、先述の通りペニスに突起をつける目的などで行われます。

身体改造のコミュニティ

SMプレイを行うパートナー探しの出会いサービスには、身体改造を施した人・興味を持つ人に向けた、専門で専用のアングラコミュニティサイト「HEAVEN-Proof」のご紹介。
単純なセックスフレンドやSMパートナーを希望する出会い系ではなく、肉体改造に関する情報交換や、オススメのタトゥーパーラー・外科医・美容外科などの紹介などにも行われ、普段明るい表舞台には上がらないアンダーグラウンドなユーザーたちが集まっています。
「HEAVEN-Proof」でも、基本はハードコアなプレイヤーたちの出会いコミュニティですが、それだけにとどまらない交流が可能です。

「LINE調教」楽しんでますか?

メール調教も時代の移り変わりによって、今やLINEで行われるのが主流になりました。
オンライン上で疑似的なセックスやSMプレイが出来るため、寝る前のオナニーや普段会えない時の繋ぎに最適な手法です。
今回はこのLINEでの調教プレイにおいて、基本的に抑えておきたいポイントを見ていきましょう。

パートナーからの指示に従うだけ

メール調教やLINE調教は、パートナーからの指示や命令に従うだけです。
良く行われているケースとしては、オナニー指示や野外露出をさせてその証拠を写メさせると言った、課題を提示して従わせるプレイです。
どんな些細な事もでも従順に従うのが前提なので、「今何してる?」と質問するのも、その質問に答えるのもある意味LINE調教ですね。
この流れが楽しくて、あえて会わずにLINE調教をメインにするケースもあるようです。

M側は催促のメッセージを送らない

M側の都合でLINEをパートナーに送るのはプレイの性質上あまりしません。
M側が用事を伝えたり、S側のパートナーと交流したい時に自由に使っていいツールではないという事を理解しておきましょう。
SMパートナーと言う物を良く理解しておらず、女王様とLINEで繋がったらしつこく会える日を取り付けようとしたり、逆に女王様の写真を要求する勘違いM男も多いです。
そんなイタいM気質にならないように、SとMの立場をしっかり理解しましょう。

出会い系で知り合った流れでプレイ可能

よくある出会い系やSM掲示板で知り合ったパートナーと連絡先を交換し、LINEに移動した流れでそのままLINE調教がスタートする事も多いです。
実際に会ってプレイをする前に、お互いの波長やフィーリング、価値観などが合うかどうかを知る事が出来るので一石二鳥ですね。
仮に理想のパートナーになれそうになかった場合は、ちゃんとお断りのメッセージを送信して後腐れなく終わりにしましょう。
何も言わずにブロックするのはかなり失礼に当たります。相手も、なぜブロックされたのか、自分のどこが悪かったのか疑問でモヤモヤしてしまうでしょう。
自分がもし同じ事をされたらどう思うか、しっかりと考えて最後まで丁寧に対応するべきです。

ド変態M男の思考

真のド変態M男の思考はかなりぶっ飛んでいて、かなりユニークで、女王様を楽しませる。

しかし、全てのM男がいきなりぶっ飛んでいて、ユニークな発想が出来るわけではない。その性質を持ち女王様のところで調教され磨かれ、洗練され忠実な僕となり完璧なド変態マゾ奴隷となる。

女王様に惚れこみ忠誠心を誓ったM男の思考はどうなっているのか、面白いのでいくつか紹介してみよう。

初心者の若い好青年M男

M男を年代別に分けると40代以上の男が多い。そんな中で20代の好青年M男が来ると新鮮な気持ちになる。
調教されておらず未開拓な体は若いということもあり締まっている。乳首も小さくアナルもキュッと締まり、チンコも一般男性と変わらない。
それをこれから調教していき体も心も卑猥な変態M男にしていくことは女王様にとってとても楽しいこと。

経験が浅く変態度が成熟されていなくても素質を持っているM男はアナルをいじくると、その場ですぐ指の2、3本は飲み込んでしまいす。そして乳首などの感じるポイントをいじくると我慢汁を垂らし、服従した犬が腹を見せるように、M男も足元に這いつくばったり足を舐めたり、顔やケツを叩いてほしがったりする。教えもしていないのにひれ伏すのは習性でしょうか。マゾとしてのDNAはどの人間にも同じ行動を取らせる。

SMが日常化すると好き嫌いが出るが見下されたいのは同じ

プレイの好みはひとそれぞれ。足で顔面を踏まれ、泥まみれのブーツの裏を舐めろと言われて喜んで舐める変態もいれば、それは出来ないが、チンコをぞんざいに扱い使い物にならないゴミとして処理されるのが好きな変態もいる。

SMが日常化すると出来る出来ないの境界がはっきりしてきて扱いやすい。ここで停滞せず、出来ないことでも挑戦してみようという向上心の高いM男が女王様はお好き。逆に何の反応もない何も言わないM男は嫌われる。

こうなってこれば、好きなプレイがハッキリしているのでそれを深めていく楽しさがある。それがまた一体感に繋がる。
好きなプレイは違うがどんなM男も罵倒されたり見下されたりすることに興奮するのは間違いない。支配されたい、ゴミとされたい、いたぶられたい。崇拝する女王様にしか思わない感情だがどこまでも変態扱いされたい生き物。

扉を開くと思考がド変態すぎて素晴らしい

ド変態すぎると発せられる言葉に素晴らしさを感じる。その言葉を発するに至る思考はまさにマゾ一色。
「女王様から出るものなら全てを飲み込みたい。女王様から出るもので汚されたいと思う。」
スパンキングや緊縛、蝋燭、シチュエーションプレイなど様々なプレイがありますが、究極のところ聖水や黄金、唾やゲロでさえも崇められる。崇拝する女王様から出るもの全てを全身で受けたいと本気で思っています。

実際にすぐさま黄金を完食できるかと言えば出来ないM男もいるし調教を重ねて出来るようになるM男もいる。頑張ってもどうしてもできずに苦しむM男もいる。しかし思考は同じ。

自分を人ではなく便器や家畜と見てほしい。
普通人に排泄する人はいない。しかし便器ならば何の感情もなく何の違和感もなく排泄する。誰も便器におしっこしてごめんねとは思わない。当たり前のように排泄する。そのように扱ってほしい。
家畜は人と対等ではないので主人に従いお役に立てるように努める。ペットでもない家畜は「家畜」。女王様にご奉仕しお役に立てるように調教してほしい。
そんな思考が当たり前のこととして頭にある。

そんなM男にこんなことをして申し訳ないなんて感情は一切いらない。むしろここまで達したM男にとってそいうった感情は便器や家畜としての価値すら与えてもらえない不要なもの「無」となる。

「M男」という言葉を当てはめているが「人」ではなく、ただの「物質」として女王様の全てを受け止めるモノとして支配し調教をしていく。

M男の思考は表の顔とは真逆

男社会である国が多い中、それは日本も同じ。
普段の男としての皮を脱ぎ捨て、真の自分になれるSMという世界。自分を解き放った者ほど底辺のド変態M男になれる。そしてそうなったとき真に身も心も解放されて行動の一つ一つ、言葉の一つ一つがとてつもなく気持ちが良い「快楽」へと繋がっていくのです。

女王様を求め調教されたいM男は自分の解放を目指して一歩一歩マゾへの道を切り開いていきましょう。

奴隷を探す女王様掲示板に居る猟奇的なS女

SMプレイでの女王様は、女王様らしくキャラクターとして振る舞い、権威ある言動を受けて我々M男は喜びます。

SM掲示板を見ていると、新しい奴隷を探している女王様の書き込みも、女王様口調で書き込みしている方も多く、まさに女優だなと思う事もしばしば。

礼儀正しく丁寧な募集文を投稿している女王様ももちろんいますが、どちらかと言えば書き込みの時点で女王様として振る舞っている人の方が多いですね。

そんな女王様が奴隷やM男を探すために利用するSM掲示板ですが、時折女王様ではない加虐思考の女性が書き込んでいるのを見かけます。

猟奇的なS女に注意

単純に、人を物理的精神的に痛めつける事でエクスタシーを感じる異常性癖を持った女性。

女王様やSMという世界観はあまり重要ではなく、純粋に人の身体を自分の手で壊したい衝動に駆られ、M奴隷を求めてSM掲示板へ書き込んでいる、そういった印象を受けます。

形はどうであれ女性から痛めつけられる事を求めるM気質な男性としては、一度お手合わせ願いたくなるのも当然でしょう。

しかし中には猟奇的で本格的なサディストも混じっているので注意も必要です。

軽い気持ちで虐めてもらおうと近づき、いざプレイ開始時に数あるSMプレイの中でもハードな虐待を繰り出され、調教の域を超えた攻撃を与えてきます。

相手がケガをしても構わない、身体が壊れても構わない、コイツはそれを望んで近づいてきた、という感覚により悲しい結果になることは簡単に想像できますね。

SMプレイとは信頼関係が大事とよく言われますが、こういったサイコパス女や猟奇的女はその概念は無いので注意が必要です。

さらにSM掲示板ではそういったサイコパスや猟奇的なS女は見分ける事が難しく、このような女ほど常識人だったり人を欺くのが上手かったりするので厄介。

著名で参加でき、チャットでのやり取りだけでも可能な分、素性も分かり辛く本性を隠しやすいため見分ける努力が必要です。

安全面や利用中のユーザー民度が高いSM掲示板でも、その評価に全幅の信頼を持たず、健全なSMライフを送れるようにパートナー選びは身長に行いたいですね。

女王様からの命令でパイパンにした結果

ある時いつも良くしてくれる女王様より、下の毛を全部剃るように命令されてパイパンにしたことがありました。
パイパン自体に抵抗はなかったのでケツ毛からギャランドゥからツルピカに剃ってみて、そこから見えたメリットデメリットを報告したいと思います。
下の毛を全て剃るという行為は、奴隷の証として良くある手段ではあると思いますが、SMプレイ外での影響はどれほどの物なのか、見ていきましょう。

男でパイパンはアリかナシか?

従順な奴隷として女王様に尽くしていたとしても、ぶっちゃけヤれる機会さえあれば他の女性と関係を持ちたいと思うのが男の性。
そもそもSMプレイとプライベートは別として割り切っている人も中には居るでしょう。
パイパンにするorしたことで気になるのが、女王様意外の女性とセックス出来る機会があったり股間を見られる事がある場合にどう思われるか。
やはり最初は自分自身が見られて恥ずかしい羞恥という点が挙げられますが、それはM男としては気持ちの良い要素。
特に気にする必要も無いように思います。

また一定の界隈では「ハイジ男子」という言葉があります。ハイジとはハイジーナという下の毛を全剃りした、まさにパイパンの状態の事を言い、これが由来となってパイパン男性の事をハイジ男子と呼んでいます。
欧米などではハイジ男子も基本の一部になりつつあり、特に処理をしていなくてもそれはそれで批判される事も無く個々のスタイルで両立されています。
欧米文化を好む日本人も、それにそってハイジ男子になる人やハイジ男子を好む女性も増えてきており、毛のない男性はむしろ好印象を持たれるでしょう。

パイパンのメリット

毛の生えていなかった小学生時代。
そのころには感じなかった股間に毛が生えていないという状況のメリットについて紹介していきます。

清潔感

アゴ髭を生え散らかした状態の不潔さのように、チリチリと生えた陰毛は下品な印象を与えがち。
ツルツルに剃った時のアゴのラインと同じく、清潔感あるスッキリした印象を与えます。
陰毛が縮れているのは、フェロモンの効果を引き出すために臭いを籠らせるためとも言われていますが、その臭いが害悪になる事がほとんど。
飛び散った尿や発汗などが毛に付着する事で臭いの素になるため、パイパンにする事でその原因を絶つ効果もあります。
また、オナニーなど精液で汚れてしまった股間の拭き取り処理が非常に楽です。

蒸れない

意外に汗をかきやすい股間。
毛がある事で蒸れたり湿ったりして、特に夏場では不快に感じる事も多いと思います。
さらにしつこい痒みを引き起こすので股間に蒸れは天敵。
しかし毛が無い事で湿気をため込む事が無いので、蒸れる心配や痒みも引き起こさないので快適です。

見栄え

陰毛によって隠れたペニスの根本が見える事で、毛が生えている状態よりもペニス自体を大きく魅せる事ができます。
清潔感と同じく、毛がもじゃもじゃと生えた状態はどうしても視的に不快感を感じさせる事もあるのでツルっと剃っていた方が好感触。
パイパンである事が逆に気持ち悪いと感じる女性も中にはいますが少数派と思って良いでしょう。

毛の巻き込みが無くなる

日本人は仮性包茎である男性が多いため、ペニスが平常時に陰毛を皮に巻き込んで痛い思いをするのはあるある。
それも毛が無ければ起きないため、セックス後やオナニー後も快適に過ごせます。
セックス時にはコンドームの脱着にも毛が巻き込まれ、引っ張られる事も無くスムーズに行えるのもメリットですね。

抜け毛が目立たない

知らない間に部屋に落ちている縮れ毛、なんでこんな所まで?と思うほど四方八方に落ちてますよね。
意味不明な場所にまで散っている陰毛ですがパイパンにしておく事でそれも無くなります。
掃除の手間も省けるといった地味な部分ではありますが、大きなメリットです。

デメリット

対してパイパンにした事によるデメリットをまとめてみました。

生え始めがチクチク痛い

陰毛のような太い毛は伸びるのが案外早いです。
剃った毛の毛先は鋭くとがっており、それが股に突き刺さってチクチクと痛みを引き起こします。
ある意味チクチクと痛みが出てきたら剃り時期という事です。

剃り負け

個人差はありますが、剃った毛の生えるスピードが速い場合、一ヶ月で何度も剃らないとパイパンを維持できません。
何度も何度もカミソリで毛を剃っていると皮膚を傷めてカミソリ負けを起こす事もあるので器具やシェービングクリームなどの厳選は重要です。

銭湯や温泉で注目される

30代後半から年配の方たちからはまだまだパイパンの男性は珍しい部類なので、銭湯や温泉などで股間を晒す際は注目されます。
陰毛は大人や男を表す象徴のようなニュアンスを持っているので、もしかしたら不思議な目で見られているかも知れません。
慣れるまでは恥ずかしかったり他人の目線が気になることもありますが、そういう羞恥心はM男にとっては栄養素ですよね。

陰毛で泡立てられない

身体を洗っている際にボディーソープなどの泡立ちが弱くなってきたら、一旦股間の陰毛でもじゃもじゃと泡立てる男あるある。
結構無意識にやってる人も多いですが、パイパンにするとこれが出来なくなり不便に感じる事もあるかも知れません。

SMプレイまでどれだけ最短でたどり着けるかやってみた

本格的なSMプレイやソフトSM問わず、とにかく早く割り切り相手を探す感覚でSMプレイがどれだけ手軽にヤれるかチャレンジしてみました。
というのも無償にちょっとSっ気のセックスがしたくなった日にたどり着いた境地があるので紹介してみようと思います。

まずは普通に出会い系アプリ

大手のマッチングアプリでは、真面目な恋愛を探しにやってくるユーザーが多いので今回は除外。
ワクワクメールやハッピーメールでのアダルト掲示板募集を覗いてみましたが、案外SMをテーマにした書き込みや募集も多く、コレはいけると思ったが結果は惨敗。
基本的に援か業者で、たまに大人な関係希望かつ中身も人間っぽい女の子とやり取りしても、デブやブサイクな子が多く思った通りのSMプレイには程遠かった。
これに数千円賭けるのもあほらしかったので早々に撤退。

SM掲示板

まずは無料のSM掲示板へ登録。やはりというか、当然というか、無料なのは登録だけで基本的に女の子とのやり取りなどは有料のポイントが必要。
ただ、SMプレイヤーが集まる場所としては、同じ趣向を持った者同士なため気になる相手は結構いました。
なるべくすぐに会えるような子を探していたので、5通ほどやり取りをしてすぐに連絡先の交換を持ち出す戦法で小一時間。
向こうからLINEなどに移動を持ちかけてくる子は基本的に警戒し、こちらが聞いてまだ拒否る子はキープ。
基本的にこちらの要望は伝えずに相手がやりたいプレイに合わせてやり取りしました。
すると1人ヒットがあったので、カカオの方ですが実際に連絡を交換してホンモノチェックのため通話や写真の交換もクリアし、見事にコンバージョンに至りました。
ここまでの費用はざっと6000円ぐらいだったでしょうか。出会い系アプリに3000円、SM掲示板のやり取りで3000円。
目的がしっかりしている分、SM掲示板も使い用によってはすぐに出会えますね。

【M男の為のSMサイトの選び方】どんな調教がしたいかを決めておくと見つけやすい

SMサイト

数あるSMサイトの中で調教されたいM男が女王様とSMプレイをしたいと思った時、自分に合ったサイトはどう見つけたらいいのか?
SMサイト別の特徴を見ながら自分に合いそうなサイトはどれか探してみましょう。

続きを読む

出会えな人ほど参考にしたい、SM出会いサイトの活用術

女王様出会い

SMの出会いサイトに登録したものの出会う事ができないと嘆いているM男も少なくないでしょう。
やはり出会う事ができる人とそうでない人との間には目には見えない明確な違いがあるものです。
その違いとはどんなものなのか出会う事ができないM男は知っておくべきです。

プロフィールチェックは書類選考です。

出会う前にはメールや電話などのツールを利用する事がほとんどです。
ですから実際に会うまでに乗り越えるべき壁がいくつか存在します。
これらは就活にある書類選考で、プロフィールや写真ですべてを判断されてしまうのです。
なのでプロフィールを充実させるというのは絶対条件です。
やはりSMををプレイする上で相性はもちろんの事、嗜好なども重要です。
相手がどんなプレイを望むのかというのは長期的な主従関係を築くうえでも大切な要素です。

写真をアップする

やはり自分の写真をプロフィール上に公開することは勇気のいることです。
しかし画像を載せられる掲示板であれば確実に自分の写真を掲載する事が望ましいです。
逆の立場で考えると写真がないよりも、どんな人なのかというのが写真だけである程度伝わるため文字よりも効果は大きいのです。

書き込み方にも注意が必要

SMのパートナーを探すためにする行動は積極的にアプローチする事です。
自分がどのようなプレイをしたいのかを明確にすることが重要です。
アナル調教されたり、緊縛されむち打ちされたいなど分かりやすく書く必要があります。
メッセージを送る前にも相手のプロフィールを確認してどういったプレイを望んでいるのかもチェックしておきましょう。
女性の方でも細かくプロフィールを書いている人はいて、年下希望や年上希望など人それぞれ要望があるのでその辺りも見逃さないようにするのがポイントです。

サクラ対策

今の時代多くのサイトにサクラはいるものだと考えておくべきです。
最近のサクラはかなり巧妙化しているので、文面や写真だけでは判断しづらいものもたくさんあります。
慣れればサクラだと判断できるようになるものなので、初心者はできるだけ避けるほうが無難です。

無料掲示板か有料掲示板

最近の出会い系サイトは無料で登録してメッセージを送るのに課金するといった流れがほとんどです。
完全に無料の掲示板もありますが、だれでも書き込めるという点でサクラやネカマ、なりすましが多いというデメリットはあります。
そういった点を含めるとやはりポイント制や課金制のサイトは無料の掲示板などに比べて利用者もかなり絞られるので、ライバルも少なく出会える確率もアップするという理論にたどり着きます。
女王様出会い研究所がおすすめする無料のSM掲示板
SM調教掲示板|M男×S女 パートナー募集
SM出会いBBS

相手を探す検索を有効に活用しよう

女王様出会い

手当たり次第にメールを送り下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる作戦も悪くはありません。
しかし有料やポイント制のサイトだとコストパフォーマンスが悪いので、利用するサイトの検索を有効に活用しましょう。
最近のサイトは地域や年齢、プレイ内容など細かく検索できるので、細かく入力していくのがポイントです。
あまり古い投稿などはすでに退会されている可能性もあるので注意が必要です。
他にも新着で登録している女性には積極的にメッセージを送るのも有効です。
おそらく多くのサイトは男性の割合が圧倒的に多いので、女性側にはかなりメッセージが届くものです。
ですからそのなかで自分を知ってもらう為にも前述したようなプロフィールを充実させる事は必須なのです。

まとめ

出会い系が乱立してるので本当に使えるサイトを見つけるのは至難の業です。 しかし実際にSMの出会いサイトで出会ってSMをプレイしている人がいるのも事実です。 女王様出会い研究所がおススメするサイトを有効活用してSMライフを充実させましょう。

1 / 5123...
Return to Top ▲Return to Top ▲