女王様 出会い研究所

女王様 出会い研究所とは?

美しい女性にイジメられたい・調教されたい・ご奉仕したい、という願望を持ったM男性の為の情報サイトです。女王様・S女様・痴女様とのプレイ体験談やご奉仕テクニック・出会いについて紹介します。

射精管理タグの記事一覧

femdomの世界で失神寸前

femdom

SMプレイを続けていれば時に小説のような体験をすることがあります。
男女平等が叫ばれるこのご時勢ですがSMの世界では女性上位であり女性が完全に支配するfemdomというものが存在します。
男のプライドはズタズタに引き裂かれ完全服従し、もはや男性の尊厳なんてものは存在しないのです。

ゴミクズとして扱われ女王様に全てをささげ、あらゆる拷問にも耐えうるというマゾ男はぜひSMサイトを活用してみるべきですね。

昔から自分はMだとは感じていたのですが女性上位で罵声を浴びせられ、時には激しくいたぶられるのがこれほど快楽と感じるとは思っていなかったです。
貞操帯を付けて射精管理されますが、もはや射精の快感よりも管理されているという行為やその過程でたまらなく興奮し無我の境地に陥ります。

<>

顔面騎上で圧迫されたときはさすがに失神寸前でしたが、その生死をさ迷うような何ともいえない感覚が今はやみつきですね。

「い、息が・・できない」

「気持ちいいでしょ?」

「は、はいぃぃ」

自分がこんな辱めを受けて喜んでいるなんてとても他人には言えませんが、femdomという世界を知って今はとても充実していますね。
M男として生きていく覚悟がある方は恥ずかしがらずに第一歩を踏み始めてみるべきです。

顔面騎乗窒息体験談

顔面騎乗

異性に自由を剥奪され完全に支配されることでマゾ男は究極の快楽を味わえるものです。
ですから、人として生きていく上で必要不可欠な呼吸さえも女王様に管理してもらうため、顔面騎乗窒息調教を受けることもM男にとっては自然な事です。

近年はSM専門の出会いサイトを活用すれば、マゾ男に過激すぎるハードSM調教を行ってくれる女王様と出会いやすくなっています。
おかげさまで私自身も実は最近、何度も素人女王様から調教を受けてインモラルで過激な調教を受け続けています。

<>

この間は顔面騎乗で顔を押し潰されながら、窒息寸前まで呼吸管理させられつつ、さらにペニスを手コキされて射精管理までされました。

「どれだけ苦しくても暴れちゃだめよ!射精もダメ!」

「んん…!んんんん…!」

呼吸も射精も管理されて、徹底的に女王様に服従し続ける体験は真症M男の私にとってはとても刺激的でした。

結果として私はほとんど呼吸困難で失神しかけながら大量に射精してしまい、ドライオーガズムとトコロテンを同時に味わうかのような未知の快楽を味わうことができました。
普通の出会いではまず実現できない、このような過激な女王様との出会いを体験してみたいなら、迷わずそれ相応に専門的な出会いサイトを活用していくべきでしょう。

M男の変態メール調教実況

変態メール調教実況

あらゆる場面での女性とのやりとりで、常に女性から責められて感じてしまうような特異なマゾ体質を持つ私。
このような変態的な性癖を持つマゾ男である私は、近頃遠方に住む女王様から変態メール調教を受け続けています。

どんな男性であっても、マゾな性癖を持っていて女王様に仕える意志がある男なら誰でもメール調教してくださる女王様が今はSM専門サイトに多く居るものなのです。
おかげさまでスムーズにメール調教をしてくださる女王様に出会えた私は、M男としてとても貴重な体験談話せるくらいに良い調教を受けることができました。

<>

女王様にメールで一週間オナニー禁止を命令され、忠実にそれに従ってオナ禁し続けた私は、上質な射精管理調教を受けることができました。
そして長く耐え難い射精管理を終えたあとは、女王様にメールで指示されるままに射精をして、その射精の様子を動画や画像で送信して報告したりするのです。

「たくさん出たわね、でももっと出せるでしょ!」

「分かりました…、女王様…!」

あくまで女王様の命令には絶対服従ですから、結局私は何度もオナニーで射精して女王様に証拠画像を送信し、とても強い興奮と満足感が味わえました。
手軽でいつでもどこでも受けることができるメール調教も、良質な女王様による調教であればより深く楽しむことができるので、世の男性はもっと優れた女王様とお会いして調教を受け続けてほしいと思います。

包茎チンポが調教に敗北

包茎チンポ

長年に渡って守り続けてきた私の包茎チンポの防壁が、つい最近ある女王様に突破されてしまいました。
恐ろしい事に包茎チンポですらSM調教の玩具として扱うような変態鬼畜女王様がSM専門サイトには普通に居るものなのです。

女王様は私のペニスを掌握した瞬間、包皮で包まれ穢れたチンカスが蔓延る亀頭に責めを行ったり、強い握力でペニスをしごいたりしてきました。
あまりに強い刺激にすぐ射精してしまいそうになると、陰茎を握り締めて尿道を押さえつけて射精管理まで行われました。

<>

さすがにこのような焦らしプレイは我慢できず、何度も女王様に射精許可を懇願するのはとてもみじめな状況でした。

「お、お願いします…!射精させてください…!お願いしますぅ…!」

「ダメ。絶対ダメ」

結局女王様は私を許すことなく長時間陰茎責めを行い、私はトコロテンのように無意識の内にゆっくりと射精せざるを得ず、全身で感じながらイキ続けました。

今までで一度も体験したことのないこのようなSM調教を楽しめたのはやはりSM専門サイトで女王様と出会ったからこそだと思います。
包茎チンポをお掃除フェラしてもらったり射精管理でよがり狂ったりしてみたければ、まずはSMサイトで女王様に跪く事から始めてみるべきだと思います。

カウントダウン射精で暴発

カウントダウン

自分好みの女王様に出会い、M男として最高のSM体験をすることがマゾ男にとって最大の夢です。
そんな夢を叶えることのできる男性はほんの一握りだと思い込んでいる男性が多いみたいですが、実際はそこまで少なくはありません。

現に私はこれまで女王様に長時間射精管理されて、最後に射精するまで支配され続ける調教を望んでいましたが、先日ついにその夢を叶えることができました。
今こうして私がM男として極上の射精管理体験談を語ることができるのは、SM専門サイトで女王様と出会えたからこそなのです。

<>

この間私が受けた調教では、念願の射精管理を受けたのですが、一番最後のカウントダウン射精がやはり一番気持ちよかったです。
女王様のカウントに合わせて射精するというのは、なんとも傍から観るとバカバカしいですが、こんなバカなことを強要されている自分を想像してさらに興奮するのがM男の性癖なのです。

「タイミングよく射精するのよ!3、2、1」

「う…!あぁ…!ああ…!」

今回の調教では私は上手くタイミングよく射精できたと思ったのですが、少し早すぎたみたいで女王様に射精後怒られてしまいました。
普通なら単なる失敗でヘコむ人が多そうですが、M男はむしろこのお叱りに、してはいけない射精をした背徳感を感じたりしてさらに興奮するのです。

このような異常で変態的なカウントダウン射精というプレイを何度も続け、女王様の玩具として従順に射精し続けるだけの機械になることがマゾ男としての最高の悦びです。
女王様に完全支配され、M男として最高の体験談を現実のものとしてみたい方は、ぜひともSM専門サイトの女王様に今すぐ跪いてみてほしいのです。

2014/11/25

睾丸潰しで卒倒寸前

睾丸潰し

女王様からのあらゆる責めに対して興奮と快楽を覚えてしまうのがM男の性というものです。
ですから私は近頃女王様から睾丸潰しを受けて超越的な快楽を享受し続けています。

特にSM専門サイトでは女王様との出会いが多いため、素人M男でも素敵な女王様と出会いを獲得できるようになっています。
このおかげで私は毎週違う女王様から調教を受けることができていてとても幸せです。

<>

つい最近受けた調教では睾丸潰しだけでなく、長時間の亀頭責めや竿縛り調教を受けました。
あまりに激しく拷問に近い調教に最初はうろたえましたが、時間が経つに連れて快楽に変わっていきました。

「あぁ…!い、イきます…!」

「これだけイジメられても感じるのか!変態男!」

射精管理もされながら性的いじめを受け続ける調教は、まさに最高至高のM男体験でありました。
私のように究極のマゾの快楽を女王様から受けてみたいという人は、迷わずSM専門サイトで女王様との出会いを果たしてみるべきです。

女王の射精管理でハスキーボイスに

ハスキーボイス

素敵な女王様との出会いを一度獲得できれば、あとはその女王様の奴隷として射精管理される日々を送っていれば、ただそれだけでM男はとても幸せです。
事実私は現在ある女王様から射精管理調教を受け続けていますが、この調教のおかげでこれまでにない快楽を長期間味わうことができています。

SMに特化した出会いサイトで女王様に出会えば、優れた技術による極上の射精管理が楽しめるためおすすめです。
私自身のこの間受けた調教では射精管理されながら亀頭責めやアナル拡張を受けて発狂寸前まで追い詰められ、ハスキーボイスになるまで絶叫させられました。

<>

「あぁ…!う、うぅ…!」

「もっと叫んで感じなさい!そうすれば射精させてあげる!」

「ああっ…!ああああ…!」

女王様から言われる通りに大声をあげて感じているといきなり射精管理を解かれて、私は大量の精液をぶちまけてイキ続けました。

やはり経験豊富な女王様による射精管理調教は強烈そのものと実感できました。
声が枯れるくらいに叫ぶほどの究極の快楽と射精管理を味わってみたいなら、M男は女王様との出会いを求めてSM専門サイトをもっとチェックしておくべきではないでしょうか。

2014/11/06

服従の味はマゾの悦び

服従

自由であることは責任を伴うことであって、男一人であったならその責任は重いものであるのが当然です。
そしてそんな自由の責任や苦しみからかんたんに解放される方法が女王様への服従です。

たとえば専門サイトにはM男としてクンニだけに従事する舐め犬を募集している女王様がたくさん居ます。
そんな女王様の一人に完全服従し、クンニリングスやペニス提供を行う性処理道具になってしまえば、自分で何も考える必要のない楽な人生を歩むことができます。

<>

さらに射精管理までされてしまえば、自分自身の欲望からも解放されて完全に女王様の導きのままに性生活を送ることができるのです。
この甘美な怠惰と淫欲の味は一度覚えてしまうと忘れられないもので、私はもう数年間も女王様から調教を受け続けていて大変幸せです。

「貴方は私のマンコを舐めていればいいのよ?」

「はい…女王様…」

「ちゃんとご奉仕を続けていたら射精も許してあげるからね?」

「ありがとうございます…!女王様…」

何も考えずただ女王様に支配され生きたバイブとしてお役に立つ生活はとても気楽で気持ちよく、そして元々マゾ体質な私にとっては最高の快楽です。

一般人にはまったく理解されない世界ですが一度ハマってしまえば誰も到達できない快楽に満ちた人生を送ることができるマゾ男の喜びと服従の世界。
そんな世界に足を一歩踏み出してみたいと考えている男性は、ぜひともSMに特化した出会いサイトで最高の女王様に出会ってみてください。

痴女マニアのイジメられ方

痴女

淫靡に乱れる痴女という存在に魅了され続けている男性は多いものです。
今どきはAVの中だけでなく、SM専門サイトを覗けば現実世界で痴女と遊べるようになるからすごい世の中です。

だからこそ、痴女マニアの男性は現在急増中であり、そういった男性はいつも痴女とエッチな遊びをするのを望んでいます。
特に痴女から逆レイプを受けたい、イジメられたいと願うマゾな男性は増えすぎているくらいです。

<>

実のところ私もそんな痴女にイジメられたい男の一人なのですが、この間出会った痴女な女王様から調教を受け続けていて幸せな毎日を過ごしています。
調教を開始した直後に頬や全身を平手打ちされ、真っ赤になった身体にピンヒールを押し付けられ、そのまま顔面騎乗されてペニス拷問を受けるのです。

痛みを快楽に変換することができて喘いでいると、射精管理まで受けることになって悶絶しながら射精するのを耐えなければならなくなるのです。

「うぅ…!も、もう出ちゃいます…!」

「ダメよ!今から亀頭を責めるけどそれでもダメよ!」

「あぁ…、あぁああ…!」

まったく思いやりも容赦もない仕打ちに耐え切れず、私は限界に達して大量にザーメンを発射してしまい、女王様の手や顔にぶっかけしてしまいました。

おかげさまで女王様は激怒して私のアナルに指を突っ込んできたりして、そういった仕打ちがやはり私にさらに幸福感を与えてくれました。
痴女マニアでありながらマゾヒストである男性にとってはこれほど充実したプレイは他では味わえないと思いますので、やはりSM系サイトの女王様に跪くのはお勧めです。

金玉いじめかっこ悪い

金玉いじめ

日本ではとても多いいじめという酷い文化ですが、SM調教の世界ではむしろ賞賛されるような文化です。
とりわけ射精管理されながらの金玉いじめなどはSM専門サイトで大人気であり、多くの男性が女王様と出会ってそれを体験しています。

経験上、このような金玉いじめは実にかっこ悪いと言えるのですが、なにも虐める側がかっこ悪いというのではなく、虐められる側がとにかくかっこ悪くなりがちだと思っています。
大の男が全裸にされて仁王立ちのままペニスを緊縛され、射精させて欲しいと懇願しても女王様にさせてもらえないで身悶えし続ける。

<>

こんな姿は誰がどう見てもかっこ悪いといわざるを得ず、その品のない様が逆にマゾな男としては興奮するシチュエーションなのです。
つい最近も実際まさにそのような金玉いじめ調教を受けましたが、あまりに快感が強くて射精を許されたときは発狂寸前でした。

「いいわよ!我慢してた分全部吐き出しなさい!」

「あぁ…!ああ…!イくぅう…!」

下品な大声を出しながら女王様の顔面にぶっかける勢いで射精するのは忘れられないくらい気持ちの良い体験でした。
やはり少しでもマゾな素質を持った男性は女王様から調教を受けて被虐の快楽を突き詰めて感じてみるべきだと私は思うのです。

4 / 7...345...
Return to Top ▲Return to Top ▲