女王様 出会い研究所

女王様 出会い研究所とは?

美しい女性にイジメられたい・調教されたい・ご奉仕したい、という願望を持ったM男性の為の情報サイトです。女王様・S女様・痴女様とのプレイ体験談やご奉仕テクニック・出会いについて紹介します。

射精管理カテゴリーの記事一覧

初心者M男は射精管理で果てる

女性から射精を管理されるということにすごく興奮してしまう私は変態です。
客観的に見られてしまうとド変態というレッテルを貼られてしまうので、そんな変態的な性癖は隠し続けて生活をしています。

しかしSMに限って言うとこの手のプレイに興奮してしまうマゾ男は意外と多いものなのです。
生まれたときからマゾであるような私は女性から罵られたり、命令や辱められることが大好物なのです。

<>

そんな私でも先日初めて利用したM男向けのSM出会いサイトでついに妄想が現実になるときがやってきたのです。
童貞ではありませんがアブノーマルなプレイは今まで経験したことがなく、完全にAVや空想の世界だったので実際に体験してみると興奮しすぎて多少記憶が吹っ飛んでおります。
M男向けサイトでとにかく辱められ虐められたい的な事を書き連ねて投稿すると、1件の返信がありそこからトントン拍子で事が運びました。

実際お会いすると年の割りに綺麗な39歳の人妻で申し分なく、すでに出会いの前からメール調教で2週間ほど射精を管理されていました。
あまり時間もなかったのでホテルに直行してすぐさま全裸にされ、後ろに回り込まれたかと思うと耳元で囁かれるように言葉責めを受けチンポはフル勃起です。

「射精を管理されて興奮してたのかな?」

「こ、興奮していました。」

フル勃起でいきり立ったチンポを後ろから手コキされただけで暴発寸前でしたが、人妻は急に手コキを止めて私をベッドに押し倒し顔の上にマンコを押し付けてきたのです。

「ぐわっ!く、くるしい・・」

「気持ちよくしてくらたらご褒美よ!」

「よ、よろこんで・・・!」

窒息で何度も気を失いかけましたが、ご褒美のために死に物狂いで奉仕していると騎乗位のまま挿入されました。

「がんばったからご褒美よ!」

「ひっ!ひああ・・」

あまりの気持ちよさに声にならず奇声を発しているような状況になりましたが、そのあたりからは多少記憶がぶっ飛んでおります。
そんな初SMを体験してしまったせいもあり今ではSMサイトにのめりこんでしまっています。
私のような体験ができるとは限りませんが、初心者にも使いやすかったので興味がある人にはいいと思いますよ。

徹底した射精管理に理性崩壊

射精管理

女性に命令や強要されることで興奮するM男が多いのは間違いないですが、その中でも射精管理される事に悦びを感じる者も少なくありません。

自分自身も射精管理されるような事に快感を覚えるような変態ですから、その期間が長く辛ければ辛いほどジワジワ湧き上がってくるM男心に火がつき妄想を膨らませています。
実のところM男のみならず男性を管理し女性上位でのプレイや、言葉責めや痴女ばりに逆レイプ願望を持つS女の募集はSM出会いサイトでは日常的にやり取りされています。

数ヶ月前に知り合ったS女に貞操帯着用のうえ射精管理されているのですが、1ヶ月も射精することを封じられてしまうとさすがに厳しかったですね。

<>

あっていない時も射精管理されたままメールや電話で徹底的に調教され管理されているので、そのやり取りや音声でだけでイってしまいそうになる事は度々ありました。

「汚いチンポを勃起させて興奮してるなんて変態ね!」

「くっ!が、我慢できません・・!」

ようやく射精管理を開放してもらう事にこれ以上の悦びはないのではないかと思うほどに興奮するものです。
貞操帯をはずされてもしっかりと緊縛されて言葉責めや淫語を浴びせられチンポを触れられずとも私くらいの経験者になれば射精する事は可能です。

「我慢汁でもうこんなにベトベトじゃない!」

「ぐぬぬ・・!ま・・まだ大丈夫です!」

しかしこんな簡単に射精してはもったいないので何とか踏ん張りましたが、S女の手が触れた瞬間に爆射してしまい顔面にぶっかけてしまうアクシデントもありましたがやっぱりやめられませんね。

さすがに1ヶ月射精管理されると自分くらいの経験者でないと理性が崩壊してしまうと思われるので、初心者の人にはおススメはできませんね。
自分のような変態M男でも調教してくれる人はいるので興味のあるひとはSM出会いサイトを利用してみてください。

射精管理されさらに寸止め調教で誤射

射精管理

sm出会い系サイトで女王様と出会い今は1ヶ月ほど射精管理をされているm男です。

数ヶ月前に射精管理されている時に誤って暴発してしまうという予期せぬ出来事に見舞われ、ひどいお仕置きを受けたものですがそれ以来貞操帯の着用を義務付けられました。
貞操帯着用の効果もあってか暴発することも無く無事に調教の日を迎えることが出来ました。

<>

m男にとって女性に管理されるという事はこの上ない悦びであると同時に、その徹底した管理から開放感は病み付きになります。
smサイトでは痴女や女王様がペットとして飼育する奴隷をよく募集しているので管理されたいm男は利用するべきです。

「何もしていないのに勃起してるじゃない!」

「も、もう我慢できません・・!」

緊縛され身動きがとれない状態で言葉責めを受け、女王様のツバでベトベトにされた亀頭を弄ばれます。

「ぐ・・ぐぅあぁぁ・・!」

「まだまだイっちゃだめよ!」

イきそうになるもイかせてもらえない寸止め調教でたっぷりと焦らされ、さすがに我慢の限界が訪れ触れられていない状態で射精してしまいました。

悶絶した表情に女王様に悦んで頂いたのは何よりですが、意図しないタイミングでの射精にその後はしっかりとお仕置きを受けたのは言うまでもありません。
射精のみならずm男として管理されるという行為に興奮し、その反発で開放する際の快楽はたまらないのでパートナーがいない人はsmサイトで女王様を探すべきです。

いやらしいエロボイスで射精管理

エロボイス射精管理

私はどこにでもいる専業主婦ですが、今は夫婦でSMを楽しんでいます。
私がSで主人がドMというのもあり自然とそういう流れになったのですが、今は主人の射精管理を徹底して楽しんでいます。

私の声はよくセクシーといわれるのでこのエロボイスで射精管理してあげると主人も悦ぶのです。

<>

長いときでは数ヶ月に渡って射精管理をしているときもあり、貞操帯を着用させてその上からディルドをつけ主人のペニスは封印したままディルドで自分だけ楽しんでいるので、主人にとってはまさに生き地獄のような体験だと思います。
射精管理されたい男性って結構いるみたいなんですよね。

時にはこのエロボイスでたっぷりと焦らしてあげたり、悶絶している表情を見ると非常に興奮しますね。

「あなたのペニスもしごいて欲しいのかしら?」

「ぐ、もう限界です・・・」

貞操帯をはずしていやらしく言葉責めでしごいてあげるとすぐにイっちゃうのが可愛らしいです。
今度はSMサイトを利用して夫婦でスワッピングにも挑戦しようかと思っています。

カウントダウン射精で寸止め調教

これまでに様々なSM体験をしてきましたが最近ハマっているのがカウントダウン射精というものです。
聞き慣れない言葉であると思いますが、焦らしにじらされて女王様の指示により射精するというものです。

そのためは今はキッチリと射精管理されているために無駄な射精は一切許されません。
実際このうようなプレイにめぐり合えたのもSMの出会い系だったので、調教され肉体的にも精神的にも女王様に管理されたいと思うM男にはおススメですよ。

<>

射精管理した後女王様の所へ向かうとさっそく言葉責めでもう暴発寸前でしたね。

「もうペニスが勃起しているわよ!」

「は、はぃぃ!」

淫語手コキであわや発射寸前になりながらも、今度はペニスバンドアナルを犯され頭が真っ白になりました。

「もう、限界です・・・」

「まだまだこれからよ!」

すでに限界は突破しており、触れられてもいないのに暴発するという事態に陥ってしまいました。
その後お叱りを受けたのは言うまでもありません。
今では失敗する事もありますが女王様のカウントダウン通りに射精することができ、女王様も満足して下さるのでM男としてはこの上ない悦びとなっています。

全てを委ねた顔面騎乗体験談

顔面騎乗

SMプレイというジャンルに特化したサイトを使えば女王様に虐められたり、思いのままに調教されたりとあなたの願望が叶うかもしれません。

私は根っからのドMで女王様に屈辱的なまでの陵辱をうけ、調教され奉仕したいという思いが強くありました。これは私が調教され新たに女王様より受けたプレイの体験談です。

<>

圧迫感息苦しさが自分にとってはご褒美この上ないプレイであると同時に、自由を奪われ女王様にすべてを委ねるこの顔面騎乗が快感となり病み付きとなったのは言うまでもありません。

「顔面騎乗してあげるから喜びなさい!」

「は、はい女王様!」

「もっと舐めなさい!」

「はひぃ」

その後は顔面を押し潰されるほどの長時間顔面騎乗で奉仕し女王様もものすごく喜んでください、人間便器として聖水を頂くこともできたので感無量です。
SMには他にも色々なプレイがあるので射精管理拷問やアナル開発もされたいと密かに願っており女王様に絶対服従を誓いました。
女王様に奉仕したり奴隷として扱われたい方や、徹底的に虐められたいとお望みのM男はSMサイトに登録して探すのが早道ですね。

femdomの世界で失神寸前

femdom

SMプレイを続けていれば時に小説のような体験をすることがあります。
男女平等が叫ばれるこのご時勢ですがSMの世界では女性上位であり女性が完全に支配するfemdomというものが存在します。
男のプライドはズタズタに引き裂かれ完全服従し、もはや男性の尊厳なんてものは存在しないのです。

ゴミクズとして扱われ女王様に全てをささげ、あらゆる拷問にも耐えうるというマゾ男はぜひSMサイトを活用してみるべきですね。

昔から自分はMだとは感じていたのですが女性上位で罵声を浴びせられ、時には激しくいたぶられるのがこれほど快楽と感じるとは思っていなかったです。
貞操帯を付けて射精管理されますが、もはや射精の快感よりも管理されているという行為やその過程でたまらなく興奮し無我の境地に陥ります。

<>

顔面騎上で圧迫されたときはさすがに失神寸前でしたが、その生死をさ迷うような何ともいえない感覚が今はやみつきですね。

「い、息が・・できない」

「気持ちいいでしょ?」

「は、はいぃぃ」

自分がこんな辱めを受けて喜んでいるなんてとても他人には言えませんが、femdomという世界を知って今はとても充実していますね。
M男として生きていく覚悟がある方は恥ずかしがらずに第一歩を踏み始めてみるべきです。

顔面騎乗窒息体験談

顔面騎乗

異性に自由を剥奪され完全に支配されることでマゾ男は究極の快楽を味わえるものです。
ですから、人として生きていく上で必要不可欠な呼吸さえも女王様に管理してもらうため、顔面騎乗窒息調教を受けることもM男にとっては自然な事です。

近年はSM専門の出会いサイトを活用すれば、マゾ男に過激すぎるハードSM調教を行ってくれる女王様と出会いやすくなっています。
おかげさまで私自身も実は最近、何度も素人女王様から調教を受けてインモラルで過激な調教を受け続けています。

<>

この間は顔面騎乗で顔を押し潰されながら、窒息寸前まで呼吸管理させられつつ、さらにペニスを手コキされて射精管理までされました。

「どれだけ苦しくても暴れちゃだめよ!射精もダメ!」

「んん…!んんんん…!」

呼吸も射精も管理されて、徹底的に女王様に服従し続ける体験は真症M男の私にとってはとても刺激的でした。

結果として私はほとんど呼吸困難で失神しかけながら大量に射精してしまい、ドライオーガズムとトコロテンを同時に味わうかのような未知の快楽を味わうことができました。
普通の出会いではまず実現できない、このような過激な女王様との出会いを体験してみたいなら、迷わずそれ相応に専門的な出会いサイトを活用していくべきでしょう。

包茎チンポが調教に敗北

包茎チンポ

長年に渡って守り続けてきた私の包茎チンポの防壁が、つい最近ある女王様に突破されてしまいました。
恐ろしい事に包茎チンポですらSM調教の玩具として扱うような変態鬼畜女王様がSM専門サイトには普通に居るものなのです。

女王様は私のペニスを掌握した瞬間、包皮で包まれ穢れたチンカスが蔓延る亀頭に責めを行ったり、強い握力でペニスをしごいたりしてきました。
あまりに強い刺激にすぐ射精してしまいそうになると、陰茎を握り締めて尿道を押さえつけて射精管理まで行われました。

<>

さすがにこのような焦らしプレイは我慢できず、何度も女王様に射精許可を懇願するのはとてもみじめな状況でした。

「お、お願いします…!射精させてください…!お願いしますぅ…!」

「ダメ。絶対ダメ」

結局女王様は私を許すことなく長時間陰茎責めを行い、私はトコロテンのように無意識の内にゆっくりと射精せざるを得ず、全身で感じながらイキ続けました。

今までで一度も体験したことのないこのようなSM調教を楽しめたのはやはりSM専門サイトで女王様と出会ったからこそだと思います。
包茎チンポをお掃除フェラしてもらったり射精管理でよがり狂ったりしてみたければ、まずはSMサイトで女王様に跪く事から始めてみるべきだと思います。

カウントダウン射精で暴発

カウントダウン

自分好みの女王様に出会い、M男として最高のSM体験をすることがマゾ男にとって最大の夢です。
そんな夢を叶えることのできる男性はほんの一握りだと思い込んでいる男性が多いみたいですが、実際はそこまで少なくはありません。

現に私はこれまで女王様に長時間射精管理されて、最後に射精するまで支配され続ける調教を望んでいましたが、先日ついにその夢を叶えることができました。
今こうして私がM男として極上の射精管理体験談を語ることができるのは、SM専門サイトで女王様と出会えたからこそなのです。

<>

この間私が受けた調教では、念願の射精管理を受けたのですが、一番最後のカウントダウン射精がやはり一番気持ちよかったです。
女王様のカウントに合わせて射精するというのは、なんとも傍から観るとバカバカしいですが、こんなバカなことを強要されている自分を想像してさらに興奮するのがM男の性癖なのです。

「タイミングよく射精するのよ!3、2、1」

「う…!あぁ…!ああ…!」

今回の調教では私は上手くタイミングよく射精できたと思ったのですが、少し早すぎたみたいで女王様に射精後怒られてしまいました。
普通なら単なる失敗でヘコむ人が多そうですが、M男はむしろこのお叱りに、してはいけない射精をした背徳感を感じたりしてさらに興奮するのです。

このような異常で変態的なカウントダウン射精というプレイを何度も続け、女王様の玩具として従順に射精し続けるだけの機械になることがマゾ男としての最高の悦びです。
女王様に完全支配され、M男として最高の体験談を現実のものとしてみたい方は、ぜひともSM専門サイトの女王様に今すぐ跪いてみてほしいのです。

2014/11/25
3 / 5...234...
Return to Top ▲Return to Top ▲